生まれる前に決めた課題を必然的にこなす【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの「あなたが生まれてきた理由を探る方法」というお話について、解説いたします。

この話は、100回聞いても信じられる人がいないかもわかりません。それくらい「魂」という目には見えない存在を理解して頂くのは難しいことなので、本当に信じたい人だけが参考にしてみてください。

人は誰でも、「自分が最も幸せになれる」と思う親のもとへ生まれます。これは生まれる前に、あの世で自分が決めていることです。

では、そもそも人はなぜ、生まれてくる必要があるのでしょうか。神様が人間を作ったとして、なぜ人間の魂と肉体を作ったのか。残念ながら、最終的な目的が何なのかは誰にもわかりません。

ただ、現時点で斎藤一人さんは「魂を成長させるため」に、人は何度も生まれ変わっているとおっしゃっています

というのも、「人は一度は叩かれる」と書いて「命」という漢字になるように、この人生の中で、必ず一度は大きな試練と向き合うことになります。

例えば、リストラだったり、病気だったり、受験の失敗だったり、借金だったり、要は、本来であれば誰もが避けて通りたい出来事が、必ず一つはあるんですね。

実は、その試練と向き合うことも、生まれる前に自分が決めてきたプログラム。だから、どの仕事に就くかも自分で選んでいるようでそうではないんです。

さすがにこの話は、不思議を通り越して、怪しい話と感じる方がほとんどだと思います(笑)

もう少しわかりやすい例でいうと、「宿命」「運命」という2つの言葉がありますよね。宿命というのは、自分の努力ではどうすることもできないこと。運命とは自分次第で何とでもなることです。

例えば、生まれる国(場所)・性別・顔・家族・人との縁・起きる出来事・仕事など、こういったものは『宿命』であり、絶対的な定めとなっています。

一方、考え方・生き方・解釈の仕方・使う言葉・行動・服装・表情・知識・知恵・心など、こういったものは『運命』であり、日々の習慣や経験で変化・進歩が可能。

だから、よく仕事で「この仕事が気に入らない」とか「この人とは合わないから嫌い」と言う人や、「私の天職が何なのかわからない」という人もいますが、本当は生まれる前に、自分が最も成長するであろう職業をすでに決めているんですね。

この話は何度聞いても、摩訶不思議な話だなと感じるかもしれません。でも、よくよく周りの人を観察していると、ふとしたことに気付くことがあります。

例えば、意地悪で性格の悪い人の周りには、同じような考え方を持った同じような雰囲気の人が、いつも同じような行動をとっていたり、感情的な人にはなぜか感情的な人と巡り会ってケンカに発展したりします

逆にいい事例としては、例えば、臆病でせっかちだけど熱心な社長の側近に、知的でマイペースだけど冷静沈着な人が付くケース。この場合は、お互いに異なる要素を持つ人と関わることで、バランスを保ちながら成長することが学びなのかもしれません

このように、人間だけの視点で見ると、家族関係でも職場の人間関係でも、愚痴や不平不満、悪口、泣き言のオンパレードかもしれませんが、「神的な視点」で見ると、そういった中でこそ、生前に決めた人生のカリキュラムを順調にこなすことができるのです

じゃあ具体的に、今何を学んでいるのか気付く方法はあるんですか?というと、普段から内観を大切にしている人であれば、自分の現状に対してすぐに答えが出てくるもの。

例えば、「仕事をしたくないから引きこもっている人」は、このまま仕事をせずに引きこもったままでいると、この先の人生がどうなるのかを学ぶことになります。

また、「金銭面で浪費癖のある人」は、お金を大切にせず使ってばかりいると、いずれどうなるのかを学びます。これは健康面でも同じです。

このように、あなたが今どんな仕事に就いて、どんな人生を送っているにしろ、日々の生活の中には、たくさんの気付きや学びがつまっているのです。

つまり、もし身近で困っている人がいたら、それは学んでいるだけ。人は本当に困った状態にならなければ、心から学ぶ気持ちになれないのです。

だから、醜い財産争いをしているような人は、そういった「未熟な魂の人同士」が、互いにぶつかり合う中で、順調に魂を成長させているということになります。

そういったことから、あなた自身も過去の人生を振り返ってみると、前世療法などをせずとも、自分が現世で学んでいることが何なのか、少しずつ見えてくるのではないでしょうか。

「私はよく人から怒鳴られる」ということであれば、前世で「自分がよく人に怒鳴っていた」から、その因果の相殺をしていると解釈することができます。そこで愚痴や悪口を言ってしまうと、何度でも同じ現象が起きてしまうので注意しましょう

一方で、明るく生きて人に親切にしていると、そのいい種は必ず実り、いずれ自分にとってベストなタイミングで幸せな現象が起きるようになります。

波動を良くする結界(けっかい)のお話【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「結界(けっかい)」のお話です。

これまでのひとりさんの音声の中でも特に摩訶不思議な話なので、聞きたい方だけ、興味のある方だけが対象になる内容かなと思います。

ひとりさんはよく、「波動」だったり「振動数」だったり、そういう目には見えない物事の話をされることがありますよね。

これって何も知らない人が聞くと、何の宗教?スピリチュアル?オーラのこと?と、本当にわけのわからない言葉かもしれません。

ただ、よくよく考えてみればわかるように、例えば人間には『心』があって、心を目で見ることはできません。でも、あなたにも心があるはずです。

他にも、現実に近いものの例でいうと、野球やサッカーのようなスポーツで、「試合の流れが変わった」とか、「雰囲気にのまれてしまった」、「何だか嫌な予感がする」、「何だかうまくいくような気がする」。こういったフレーズを耳にすることがありますよね。

これも物理的には何も変化がないにも関わらず、「心」や「気」の感覚の中で察知して起こる現象です。

これと同じような考え方で、波動、振動数、オーラというのも、目には見えないけれど、そこには何らかのエネルギーがあり、パワーがあり、因果関係があるということになります。

今回の動画音声で話されている「結界(けっかい)」というのは、少しでも気分良く毎日を過ごすためのおまじないのような意味付けで、気軽にとらえるようにしてみてください。

あまり難しく考えて悩んでしまったら、ひとりさんの教えとは真逆の一日になってしまいますからね。

わかりやすくいうと、良い波動が流れている時はとても気分が良いです。とにかくしっくりくる。逆に、悪い波動の時は、何だかソワソワして落ち着かないとか、心が何かスッキリしないなという感覚があります。

もちろんこれは個人によって異なるかと思いますが、私はそう感じています。

ひとりさんの教えはいろいろありますが、結局のところ、天国言葉を言っていて調子が良いのであれば、今日も一日、天国言葉を言いながら幸せに過ごしたらそれでOK。

もし、天国言葉を言っていても調子がおかしいのであれば、栄養をしっかり摂るとか、考え方を改良する、たまにはワクワクする楽しい時間を作る、気晴らしをする、部屋をきれいに掃除する等、いろいろやってみるのがいいと思います。

どれが正解というものではなく、そういった一つ一つの行動をとってみて元気や覇気が戻ってくるようであれば、あなたの今の状態は「良い波動」になっていることになります。

なので、その良い波動を作るための一つの方法として、結界や浄霊などの話があると思って聞くと、よりわかりやすいのではないでしょうか。