『聖なる数字「3・5・8」』神様からのメッセージ

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬する、小林正観さんから学んだ『聖なる数字「3・5・8」神様からのメッセージ』というお話をしたいと思います。

あなたは普段、「数字」に対して、何か意識的にこだわりを持つことはありますか?

小林正観さんいわく、3・5・8の3つの数字には不思議なパワーが宿っているんだそうです

それは、偶然巡り会った数字であっても、意識的に選んだ数字であっても同じで、3・5・8は「聖なる数字」といわれています。

例えば、あなたの免許証や健康保険証、生年月日、電話番号、名前の画数などで、3・5・8の数字のどれかが入っていませんか?

もし、入っているのであれば、神様からのメッセージを受けやすく、幸運なことも起こりやすいようです

具体的な事例としては、銀行口座の暗証番号に3・5・8を組み合わせた数字を使用してから、「預金口座のお金が増え続けて、減っていかない」という報告が複数人からあったんだとか。

また、車のナンバーを358にしたところ、燃費が2~3割よくなったという人もいます。
.
.
もちろん、全員が全員というわけではないと思うので、「へ~、そういうこともあるんだ」くらいの感覚で、知っておいて頂けたらと思います。

こういう話は、「嘘」か「真実」かという議論をしても、必ず賛否両論あるもの

だから、あくまで自分自身が幸せに生きるために、必要性を感じた人が楽しく取り入れるものとして、気軽に解釈してみてください。

ちなみに、お釈迦様が悟りを開いたのは、35歳の12月8日。

お釈迦様の誕生日は4月8日なので、35歳と8ヶ月になった時に悟ったことになります。

聖書の中には、「358」は聖なる数字、「666」は悪魔の数字という記述があるそうです

西遊記の中で三蔵法師がシルクロードを旅していた時に、従者としてお供していた人が、沙悟浄(さ=3)・孫悟空(ご=5)・猪八戒(は=8)の3人。

また、徳川家でよく知られている将軍は、3代(家光)・5代(綱吉)・8代(吉宗)

さらに、奈良や京都などの『都(みやこ)』を数字に置き換えると385ですし、日本への仏教伝来も538年です。
.
.
「こんなの偶然だろ?」と言う人がほとんどかとは思いますが、個人的には、「3・5・8の数字に不思議なパワーがある」というのは、とても面白い考え方だと感じました。

あなたも、何か数字を自由に選択できる機会があった時は、ぜひ、活用してみてください。

小林正観さんの教えも、斎藤一人さんの教えも、役に立つお話、参考になるお話、楽しいお話がたくさんあります。

でも、その一つ一つに対して、「やってみたけどダメだった」とか、「あの人の言っていることは詐欺だ」という解釈をするのは間違いです。

なぜなら、自分が「この人の教えでは幸せになれない」とわかったのであれば、師匠を変えればいいだけのことですよね。

自分と相性のいい師匠を見つけて、幸せの道を歩んでいけば、それで何も問題はないはず。

ただ、どんな人の教えを学んだとしても、「これをやれば絶対に成功できる!!」といった方程式のようなものが、存在するわけではありません。

あなたが、実際に行動してみて、「幸せの感覚」「成功の手ごたえ」を感じるものが、あなたにとって必要なもの

だから、どの教えを日常に取り入れるかはあなた次第で、自由に決めることができます。

その中で、どのやり方が通用するかは、人によって異なってくるので、何度も試行錯誤しながら、幸せに向かって「改良」を繰り返していくようにしましょう。

もう一度この世に生まれ変わりたいと思える人生【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「楽行(らくぎょう)」というお話。

釈迦が悟りを開き、人を導く時に、難行苦行といって断食や滝行、座禅などをやっていました。

しかし、難行苦行では、悟れる人があまりに少ないということで、南無阿弥陀仏を唱えなさい!ということを教えたんですね。

ここで現代にもつながる重要なポイントが、「心では何を思っていてもいい」という点です。

つまり、心で浄土を描く必要はなく、「はじめに言葉ありき」といって、口でさえ言えばいいんですね。

この教えに対して、「心にもないことを言うんじゃないよ!!」と言われますが、「ありがとう」や「感謝してます」といった言葉を口に出す時点で、心はすでに伴っているんです。

だから、人間の悩みが無くならないということは、当時の釈迦が難行苦行をしてすでにわかっていること。

なので、実は、言葉や外見などの「形」から入ることは、幸せに生きる上で、欠いてはならないものなんですね。

人間心理としては、幸せになるためには「悩み解消が必要不可欠!」という考えが、先行してしまう時もあると思いますが、悩みはなくならないもの。

悩みがあってもいいから、ひとりさんの「天国言葉」「心に灯がともるような言葉」を、普段から口癖にするようにしましょう。

では、なぜそういった生き方が必要なのでしょうか。

それは時間の経過と共に、時代が変化し、難行苦行の時代から、遊行の時代、そして今度は楽行(らくぎょう)の時代に移り変わってきたからです。

つまり、苦しいことや辛いことを我慢して乗り越えるのではなく、この世を遊びのように学び、楽に楽しく学ぶ必要があるということ。

例えば、本田宗一郎さんがオートバイを作っていた時も、楽しくてワクワクしながら仕事をしていたからこそ、大成功を収めることができたんですね。

また、甲子園を目指す高校球児も、野球の練習で苦労する以前に「野球が大好きで楽しい!」という前提があるからこそ、上達するわけですし、結果にもつながってきます。

だから、以前はスパルタ教育で、先生が生徒に暴力を奮ったり、会社でも裏でパワハラをして隠蔽したりという時代もありましたが、今の時代ではそういったものは通用しません。

これからは、「楽行(らくぎょう)」といって、この世の学びを、楽(らく)に楽しいものにしなければ、幸せに生きることはできないのです。

弱肉強食の時代でもなく、権力の時代でもなく、この人生を楽しく生きる人が幸せになり、成功することが可能な時代。

この考え方を無視した人は、苦労の先には苦労が待っていて、我慢の先には恨みが待っている、これを繰り返すことになります。

一方、自分が進んだ道で「ワクワクするような感覚」があれば、その道こそが楽行(らくぎょう)の道。

人間は何度も生まれ変わるので、どうせ生まれ変わるなら、またこの世に戻ってきたい!と思うような楽しい生き方をしましょう。