苦手なことは得意なことに置き換えて考えるべし

仕事でも人間関係でも、苦手なことはなるべく避けて通りたいものだよね。

ただ、どうしても、避けられない状況になってしまった場合、その苦手なことを自分が得意なことに置き換えて考えてみて。

例えば、野球が得意な人であれば、野球で考えたら、今はこのくらいのレベルで、こういった状況だから、今後の戦略はこうかなって。

自分が得意なことであれば、冷静に、頭の中でうまくいく道筋を組み立てることができるはず。

そうやって、得意な思考回路を思い出すと、苦手なことに対しても、少しは自信を持って望めるようになるよ。
.
.
人間って、未知のものを恐れる傾向があるけど、たいていのことは、過去に同じようなことを経験してる。

だから、ただただ恐れるんじゃなくて、過去の人生の応用問題だと思って、基礎に立ち返ってみて。

ノウハウやスキルは、一日じゃ身につかないとしても、考え方だけはどうにでもなるから。

もし、苦手なことで、心が傷ついたり、深く落ち込んでしまったりした時は、今一度、得意なことだけに焦点を当ててみよう。

これだけは自信がある!と思うことなら、何時間でも好きなだけ語りつくすことができるし、徐々に成功感覚を取り戻すこともできる。
.
.
例え、年をとって、得意なことを体で楽しむことができなくなっても、頭の中で考える思考の組み立てや成功イメージがなくなることはない。

一番よくないのは、今の自分には何もできないとか、あれは過去の話だとか、そうやって「光」を見失ってしまうこと。

あなたの心が発した豊かなエネルギーは、何年経っても、何十年経っても、消えることはないよ。

そして、必ずこれからの自分を何らかの形で助けてくれる。
.
.
だから、自分にはこれがある!と思うことは、ずっと大切にしていこう。

苦しいことは手放して、楽しいことは守り抜いていく。

苦手なことで自信を失ったら、得意なことで自信を取り戻す。

それだけで幸せに生きていける。大丈夫、大丈夫、大丈夫。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

信じる心を持たなければ何も始まらない。

理想の現実を引き寄せるためには、いつ叶うの?まだ叶わないの?と執着しなくても、未来のシナリオは決まっている。

叶う時期が来れば、叶うようになっているのだから、ジタバタする必要なんかない。

むしろ、ジタバタしない方が、後々、ギリギリになって追い込まれることもないんだ。

このことを信じられる人は本当に少ない。ただ、信じる心を持たなければ何も始まらない。

まずは、焦ったり、嘆いたり、文句を言ったり、落ち込んだりする時間は、1分でも2分でも減らすようにする。

逆に、心地がよくて、穏やかな気分でいたり、そういう自分の心が望むことに応える時間は、1分でも2分でも増やすようにする。
.
.
「いつ叶うの?まだ叶わないの?」って、毎日言い続ける人もいるけど、その言葉はとっくに宇宙に届いてるから、一度願ったらもう十分だよ。

もし、あなたが、人からブーブー愚痴を言われて、せかされたとしたら、絶対に嫌だよね。それは相手が宇宙でも同じ。

不満をオーダーすれば、その不満が、そのまま自分に返ってきてしまう。自分がされて嫌なことは、相手にもしないこと。

そして、本当に心から叶えたい夢だからこそ、叶っても叶わなくても、絶対に幸せな人生にするんだと覚悟を決める。

もちろん、本当は叶った方がうれしいし、何が何でも叶えたいと心から強く願っていると思う。

だけど、宇宙の仕組み上、その執着を手放した方が、うまく引き寄せられるのであれば、手放した方が賢い生き方だよね。
.
.
だから、叶ったら叶ったで、こんな幸せがイメージできるし、叶わなかったら叶わなかったでこんな幸せがイメージできる!という状態を創る。

そうすることで、徐々に、今をいい気分で過ごす時間が増えていく。

さらに、今、自分が発している波動がよくなることで、結果的に夢が叶いやすくなるんだ。

穏やかで気軽、穏やかで気軽、穏やかで気軽。

平気、平気、平気。

なんとかなる、なんとかなる、なんとかなる。

アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。