こんばんは、ツイてる坊主です。

斎藤一人さんの一日一語を要約した、一日一伝をお送りいたします。

本日の一日一伝は、『わざわざ礼儀を人に押し付けるものじゃない』
.
.
自分の礼儀を 他人に強要したとたん、それは礼儀ではなくなる。

礼儀は、自分ひとりで行うものです。

お礼を当てにするなら、やらないほうがまし。

また、押しつける必要もないんです。

たとえばね、年賀状を熱心に出す人っているよね。

そういう人の中で、返事が来なくて、文句を言う人がいる。

返事を当てにするなら、出さないほうがいいんだよ。

自分の趣味は趣味で楽しめばいいけど、相手に見返りを強要しなくていいんです。

礼儀も同じこと。自分がきちんとできていれば、それでいいんです。

さいとうひとり
.
.
ここからは、斎藤一人さんの、「見返り」に関する名言集をお届けいたします
.
.
徳っていうのは、人が楽しんでくれるのが、自分の楽しみ!って思えた時に、通帳の中に、チャリン!って貯まるんだ。見返りなんて期待しないことなんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
人を動かす力を身につけるには、見返りを求めずに、喜びの種を蒔くのが一番いいんだよ。そうしているうちに、運が良くなっていくの。これが、運が良くなるためのマスターキーなんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
いらなくなった知恵を人に渡すと、なぜ、その見返りがあるのでしょうか。それは、知恵を渡した見返りがなければ、世の中のバランスが崩れてしまうからです。これがバランスの法則です。

さいとうひとり
.
.
.
全ての事は、自力の後に他力あり。自分の力で、一生懸命努力をしていると、それを見た周りの人から、助けが出る。あくまでも、見返りを求めない無償の行為、いわば、ギブアンドギブ!

さいとうひとり
.
.
.
人に与えたものは、必ず返ってくる。与えっぱなし!ってことはないの。嫌なことをやれば、嫌なことが返ってくる。だけど、いいことを与えたら、自分にいいことが起こるんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
人間の値打ちは、どれだけ徳を積んで、人間力を磨いたかで決まるんだよ。徳というのは、人が喜んでくれるのが、自分の楽しみ!って思えた時に、少しずつ貯まっていくものなの。相手からの感謝や見返りを求めて、あの人は感謝を知らない!とか言い出した時、それは徳じゃなくなるんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
人の心が軽くなる。人の心が明るくなる。要するに、人に喜ばれることをすると、人間力というのが、どんどんついてくるんだよ。これが世間でいう、徳を積むということなの。徳を積むには、見返りを求めずに、喜びの種を蒔くのが一番いい。そうしているうちに、運も良くなっていくものなんだよ。

さいとうひとり
.
.
.
自分のベストを尽くす=怠けることなく、無理することなく、自分のできることを黙々とやること。無理する人は、私はこんなにがんばってるのに!と、相手に見返りを求める。

さいとうひとり