知識を知恵として活用するお金持ちの思考【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、私が斎藤一人さんから学んだ「アイディア一つでお金持ちになる人の思考」について、解説していきたいと思います。

あなた自身、これまでに「お金持ち」になりたいと思ったことはありますか?

おそらく、莫大な大金を手にしたい!という方もいれば、もう少し生活費に余裕を持てればそれで十分!という方もいるでしょう。

どちらにしろ、お金持ちになるためには、「お金持ちになる人の考え方」を知っておかなければなりません。

その考え方とは、一般的に売られているノウハウやテクニック論の本で得た知識ではなく、その知識を「知恵」として、何度でも再現性を持って活用できる思考のことです

というのも、世の中のほとんどの人は、本や講演会を通じて「知識を得る」という段階で満足してしまい、自分でその知識を「知恵」として応用することができていません。

では、知識を知恵に変えられる人というのは、成功者から得た情報をどのように解釈し、どう活用しているのでしょうか。

実は、知恵を持っている人は、成功者の成功事例を知ると同時に、「成功者の考え方」を徹底的に学び、真似することを考えます

一方、知識だけを得ている人も、同じように成功者の成功事例を知るわけですが、「成功者の行動」を徹底的に学び、真似することを考えるんですね

つまり、何をやってもうまくいく人は、具体的なノウハウ(行動手順)を真似しようとするのではなく、「思考(マインドセット)」を真似することに焦点をあてているのです。

前者と後者の違いは、『考え方』を真似ようとするか、『行動』を真似ようとするか。たったこれだけの差。

これはあまりにも小さな違いなので、もしかしたら、あなたは本当に微々たる差のように思われたかもしれません。

ところが、この差によって、「努力が実る人」と「努力が実らない人」に、はっきりと明暗が分かれてしまうことになるのです。

これが、冒頭でお話したアイディア一つでお金持ちになる人の考え方になります。

要は、「知識を得て満足する人」ではなく、「知識を知恵として活用する人」にならなければならないということ

私もビジネスを始めた頃は、成功者と同じ行動手順で作業を進めていけば、必ず同様の結果が得られるだろうと思っていました。

ただ、全く同じ商品を扱っているにも関わらず、たくさん売っている人と同じ行動努力をしても、全く結果が出なかったんですね。

その一番の要因は、自分自身に『改良癖』がついていなかった点にあったんです。

例えば、成功者のお店の作業マニュアルを入手し、その通りに「店舗を構えて、接客をして、販売する」とします。

この時に、知恵を使うことを知っている人は、作業マニュアルをこなすだけでなく、付加価値として、「明るく元気に笑顔でお客さんに接する」ことを大切にします。

また、張り紙一枚を工夫したり、来店特典として無料サービスを提供したり、たわいもない雑談をしてお客さんと心を通わせたり、そういったことに力を入れるんですね。

こういったことは、最初に作られた作業マニュアルの中には含まれていなかったとしても、お店の経営を続けていくためには、必ず随時更新していかなければなりません。

このように、知識だけで満足せず「知恵」を使い続け、常に「考え方」を改良していくことが大事。

この習慣を持つことによって、たった一つのアイディアが、現時点では想像もつかないような大ヒットを生み出すこともあるのです。

もちろん、全く逆の意見をお持ちの方もいると思います。

「私は成功者の行動をそのままコピーして結果が出ましたよ!」という方もいるでしょう。

その代わり、それが長期的な成功になるか、一時的な成功で終わるか、個人的には「改良癖」を持つ人の方が、長期的に活躍できる可能性は高いと感じています

ただ、今回のお話は、あくまで私が斎藤一人さんの教えを聞き、様々な経験を通じて感じたことなので、どの話を信じるかは自由に選択して頂いて構いません。

あなたがお金持ちの道を目指す時が来た時に、このお話を少しでも参考にして頂けたら幸いです。

お金