『風の時代』物質主義から精神主義へ

風の時代に入って、この世界は、物質主義から精神主義へと姿を変える。

目に見える物、形を手放し、目には見えない心の幸せを感じられる時代。

一つ疑問だったのは、精神主義といっても、仕事をしてお金を稼ぐ必要があること。

個性が尊重されるといっても、今すぐに集団・組織がなくなるわけではないし、今すぐにベーシックインカムが実現するわけではない。

でも、間違いなく宇宙の流れはそういう方向へ向かっていく。
.
.
そこで、これから大事になってくるのは、お金は大事なものだけど、「どのくらいお金があるから何ができる」という考え方を修正すること。

例えば、お金が欲しいなら、直接追いかけるのではなく、お金が欲しいからこそ、目には見えない「自身の成長」に焦点を当てて、自分軸を確立する。

つまり、物質・形式的な幸せに対して、我慢の努力で追求するイメージではなく、自分の人間力に伴って後からついてくるというイメージ。

そんなこと言っても、これまでずっと苦しいことに耐える人生だった。そう考えてしまうこともあると思う。

だけど、それでも大丈夫。240年ぶりの風の時代は、まだ誰も経験したことがなかった。
.
.
人知を超える力が働いている以上、人間の想像をはるかに上回る奇跡が起こるはずだ。

とにかくこれから世の中はどんどんよくなっていく。絶対によくなっていく。

複雑なことを考える必要はない。

風のように身軽な思考で、軽やかに、柔軟に、やりたいことをやればいい。
.
.
行きたいところへ行けばいい。会いたい人に会いに行けばいい。

あなたはもっともっと幸せになれる。素直に、幸せになっていいんだよ。

なんとかなる、なんとかなる、なんとかなる。

大丈夫、大丈夫、大丈夫。

風の時代の生き方を改めて振り返る

風の時代。物質ではなく、精神に価値を見い出し、目には見えないものに意識が向く時代。

所有のサービスは衰退し、横のつながり、知性、共有(シェア)のサービスが台頭する。

リモートワークやSNS、動画などを通じて、知識・情報がお金につながっていく。

仕事の多様化が進み、職を掛け持ちしたり、時間や場所に固執せず自由に縛られない働き方が加速する。
.
.
学歴や肩書きに左右されず、集団・組織よりも、個の力が際立つ。自分を応援してくれる人やファンの存在を大切にすべき。

これからは、他人軸ではなく、自分軸に重きを置いた方が幸せに生きられる時代。

人のせい、社会にせい、政治のせいなど、他者依存や固定概念が強いと苦しくなってしまう。

風のように身軽で柔軟な考え方が必要。やりたいことをやってみて、楽しくないと感じたら、すぐに方向転換してもいい。

今までの栄光、常識、やり方にこだわらないことが重要になる。
.
.
物質的豊かさから精神的豊かさへ。

いらないものを捨て去ると、心、空気感、無形の資産、情報、サービス、愛、優しさ、そういったものに幸せを感じられるようになる。

夜明け前が一番暗い。風の時代に入って、世の中はどんどんよくなっていく。

物質主義を手放し、いかに精神主義で、目には見えない魂の成長を果たしていけるかが、二極化の大きなポイント。

地の時代から240年ぶりに訪れた風の時代。

この時代にこうして生きられる奇跡に、ただただ感謝。