楽しくて新しいものを脳に入れる「活性化」の話【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「活性化」のお話。

活性化というのは、脳に新しいものを入れるとか、楽しいものを入れるという意味です。

例えば、この活性化を意識していないと、いつも体調が悪かったり景気が悪かったり、とにかく覇気の無い状態になってしまいます。

じゃあ、具体的に何をしたらいいんですか?というと、何か本を買って読んでみるとか、人の話をじっくり聞いて参考にしてみようとか、小さなことでも意欲的に吸収しようという心がけ。

ひとりさんが同級生と会った時は、そういった吸収の意識が全く見られず、何を話したらいいのかわからなかったそうです。

これはもちろん、栄養の面でも同じ考えなので、ちゃんとお肉を食べて、野菜も食べて、必要なサプリを飲んで健康を維持するようにしましょう。

そして、年を重ねても、「少しでも若く見られたい!」という欲を忘れないこと。

ひとりさんは、男女問わず「顔につや」を出すことが大事だよ♪とおっしゃっていて、顔につやを出すことは、本当に、人生の幸せには欠かせない!!というぐらい大切なものなんです。

ただ、中には、「外見じゃなくて中身だろ?」とか、「若く見られたって年齢は変わらない!」とか、そういう言い訳ばかりしている人もいますが、幸せとはそういうものではありません。

不幸とは何もしなくてもやってくるもの。幸せとは、自分で見つけ、自分で作っていくものなんですね。

また、自分が不幸だからといって、人の足を引っ張って、幸せの邪魔をしてはいけないんです。

そもそも、この「脳」を活性化させるのに、何一つ、難しい努力は必要ありません。

例えば、栄養を摂る、散歩する、本を読む、天国言葉を言う、顔につやを出す、人の話に聞く耳を持つ等、小さな楽しみを取り入れるだけ。

テレビが好きなら好きなテレビ番組、映画や漫画が好きならそれも一つの楽しみになりますよね。

子供の頃にやっていた遊びを習慣にしてもいいでしょうし、ゴルフでも旅行でも何でもいいと思います。

年齢に関係なく、ワクワクできる小さな楽しみを大切にすると、脳が活性化して、他の些細なことにも感謝できるようになってきます

幸せな人とは、そういう細かくて、小さくて、ちょっとしたありがたみに気付くことができる人のことです。

健康