俺を嫌ってる人を好きになることはできない【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「好きになれない人」というお話。

これは社会人としての常識があれば、特に困った問題が起こることはないと思います。

ひとりさんやお弟子さんも人間なので、何度も顔を合わせている人と、一度もパーティーに参加したことがない人とでは、好き嫌いの度合いはどうしても異なってくるもの

だから、「いつも斎藤一人さんの本を読んでいます!」と口では言っているのに、一度も会いに来ないとなると、信頼関係という面で壁ができてしまうことになります。

さらに、毎日のように地獄言葉をまき散らしているとなれば、ひとりさんとしてもいい思いはしないでしょう。

また、「大ファンです!!」というからには、悪気はないにしても、自分が都合のいい時だけ悩み相談をするのではなく、普段から礼儀を大切にすべきです。

なので、「いつも与えてくれてありがとうございます!」で終わるのではなく、ちゃんと教わったことを実践することも大事ですし、パーティーに参加して良好な関係を築くことは必須なのではないでしょうか

例えば、身近な人が無くなった時に、「悲しい」と感じる人情だけでなく、香典を持ってすぐにかけつける「義理」もセットですよね。

このように、義理人情のようなものは、人間関係においては絶対に欠いてはならないんです。

中には、他の講演会やセミナーに参加したら、「高額な教材を買わされた!」という方もいるようですが、日本漢方研究所(銀座まるかん)では、そういったことは一切ありません。

講演の途中で新商品の発表をすることもないですし、帰りに何かを売るようなこともしません

そもそも、納税日本一になるくらいの規模ですから、ちゃんとした事業収益の基盤があるわけで、本の出版や講演会の収入で生活しているわけではないんですね。

だから、ひとりさんは、赤字になってでも本にCDを付属させる等、とにかく「自分が知っていることを皆に教えて、人の役に立ちたい!!」という奉仕の精神で活動されています。

ひとりさんやお弟子さんは心が広いので、パーティーに参加しなかった人を嫌うようなことはないと思いますが、せっかくの縁ですから、そういった人とのつながりは大切にしていきましょう。

幸せ