ひらめきとスピードで運勢はよくなる【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は『勢い』に関するお話になります。

以前にも、勢いのお話をご紹介したことがありましたが、仕事でも何でもこのことを知っていた方が、うまくいきやすいです。

よく、ひとりさんは漢字の意味を読み解いて解説されることがありますが、「運勢」という漢字をよく見てみると、運に勢いがあると書きますよね。

つまり、運に勢いがあるからこそ、運勢が良くなる。ということは、ダラダラ行動するのとスピードをあげて行動するのとでは、結果に差が出るということになります。

なので、もし人と同じことをやっているのに、自分だけうまくいかない方は、自分が勢いをつけて行動しているかどうか、今一度振り返ってみてください。

もちろん、焦って急いで雑にやればいいということではありませんし、失敗してもスピード重視でやっつけ仕事でいいという話でもありませんよ

たまに極論ばかり言う方がいますが、そういう方はもう少し、想像力を持って聞くべきだと思います。

だから例えば、仕事をする時に、テキパキと迅速に動くとか、元気よく明るく返事をするとか、そういうところで勢いをつけることが大事になってきます。

それで、もしミスをしてしまった時は、反省よりも改良することを心掛けること。

要は、悩みながら行動しても勢いがつかないので、行動しながら考える。そして、失敗したら改良する。この繰り返しです。

終わったことに対してガッカリして落ち込んでも、勢いが無くなってしまうだけで何もプラスにはなりません。

反省してる暇があったら「改良」することが大事。そうやって常に勢いのある状態で、仕事をするといい結果にもつながるようになってきます。

幸せ