世界で一つだけの蓮の花になる【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「蓮の花を見つけましょう」という内容のお話。

これは前回と同じように蓮の花の考え方で、周りと比較することなく自分自身が輝く人生を送っていくことが重要であるということ。

例えば、仕事で自分は一生懸命やってるんだけど、職場で周りの人よりも結果を出すことができないとか、同期の人より遅れをとってしまっているなど、様々な不安を感じることってありますよね。

そんな時に、自分を卑下してしまったり、その劣等感で人を批判してしまったり、環境を否定してしまったりしていては、どんなに良い種を蒔いていてもきれいな花として咲くことがでません。

なので、自分の良いところって何だろう?周りの人の良いところって何だろう?この環境で生活できているメリットって何だろう?と、一度そういう視点で考えてみることが必要。

そういう考え方にシフトすることで一体どんな現象が起こり始めるのか。

もちろん全てが理想通りに進むわけではないでしょうが、少なくとも仕事が嫌になって辞め、次の会社でも嫌になってという負のサイクルにはならないと思います。

それどころか、自分という素材が最も生かせることが見つけられるようになると、今の環境でも、仕事を辞める時も、次の職場に移る時も、ちゃんと目的意識を持って人生設計ができるようになるのではないでしょうか。

さらに、周りの人や、今目の前にある環境のことを褒められるようになると、例えば、田舎はダメで都会は良いといった「条件付きの幸せ」をしていたのが、田舎には田舎の良さがあるよね!と思えるようになるかもしれません。

このように、この世に全く同じ人間が2人以上存在することはないので、必ずあなた自身にしかない魅力があり、世界で一つだけの蓮の花を咲かせることはできるんです。

また、この考え方は過去のことに対しても応用できるので、過去を引きずって後悔している人も、このひとりさんのお話を聞いて、ほんのちょっとだけでも考え方を明るい方に転換してみてください。

あの時のあの出来事はあれでよかったんだ。あそこで失敗したから、今のこういう良い流れにつながり、プラスの展開が生まれたんだと、前向きに解釈することが大切です。

幸せ