「気前よく」言霊の力を活用する【斎藤一人】

「気前がいい」と聞いた時、どんな人のことをイメージしますか?

気前よく誰かにご飯をごちそうしたりすること?大盤振る舞いして皆を喜ばせること?

もちろん、そういった気前の良さという意味もあります。

ただ、斎藤一人さんの新刊で言われている「気前がいい」とは気を前に押し出していく言霊として活用することです。

ひとりさんの場合、いろんな自己啓発やテクニック本とは違って、まずは釈迦の教え通り「言葉ありき」という考え方が前提にあります。

これは天国言葉に限らず、まずは気分が明るくなる言葉を口癖にして、そこから物事がうまくいくようになるというもの。

意外と言葉を軽視している人が多いようですが、普段、頭の中で考えていること、心の中で感じていることは、主に自分が日常的に使っている言葉が脳の中に入っているんですね。

だから、「ついてないなぁ」と言ってしまうと、ついてない人生、ついてない出来事、ついてない人との出会い、とにかく一気にそういった方向に舵をきってしまうことになります。

この本では「気前よく」という言葉が気分を良くする言霊として記されているので、ぜひ参考にして実践してみてください。

もちろん、自分は努力と根性で成功するんだ!という人はそれで問題ないですよ。

でも、きっと辛くて苦しい努力をして問題をクリアできる人であれば、ひとりさんの天国言葉や気分が良くなる言葉を口癖にしたら、もっともっと幸せになれると思います。

世の中、ほとんどの人は一生懸命頑張っていますよね。だけど、成功できる人ってほんの1割か2割。。ということは、人と何か違わないといけない。同じじゃダメなんです。

例えば、トイレ掃除をしてくれてるおばさんに「いつもありがとうございます」と言える人と、言えない人、こういうちょっとした微差が大差になっていきます。

奇跡が起きる人、神が味方したいと思う人、そういった人になりたいと思った時は、いつでもすぐに「言霊の力」を活用してみてくださいね。

「気前よく」の奇跡