『逆ギレの方法』怒っていい時とは?【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「逆ギレの方法」についてのお話。

誰でも基本的には怒りたい人っていないと思います。ただ、いつかこの話が役に立つこともあるかもしれません。

なぜかというと、どんなに笑顔で天国言葉を言っていても、世の中にはたまに変な人っているんです。

そういう変な人が目の前に現れた時、怒らなければ相手に伝わらないケースもあります

なので、「逆ギレ」という言葉だけを聞くと、品の無い人のように思うかもしれませんが、本当に自分がバカにされて悔しい思いをした時に、「そういうことはやめてください!」と怒ることも大事。

もちろん、ある程度、言葉を選ばなければ、ケンカやトラブルの原因になってしまうので、冷静に淡々と怒るというイメージで、あまり感情的にならないように注意しましょう。

では、そもそも、なぜ自分を怒らせるような人が出てきてしまうのか。その理由の一つに、ビクビクオドオドの波動というものがあります

要は、性格の悪い人って、気の弱そうな人や自信の無さそうな人を見ると、いじめたくなる性質があるんですね。

だから例えば、あなたが「今日は何もやってもダメかも。。」と、ビクビクした波動を出していると、そういう人のターゲットになりやすくなってしまうんです。

世の中には、威張る人もいればナメられる人もいて、どっちに偏ってもダメ

一番難しいのは、家族や会社などの身近にそういう人がいる場合。立場が弱い人は、ずーっと言い負かされ続けるケースもありますよね。

「自分は我慢できるからこのままでいい。。」そう思う方もいるかもしれません。

でも、長年の我慢から生まれるのは「恨み」だけ。いくら地獄言葉がいけないとはいえ、自分を甘くみてくる人に対しては、逆ギレしたっていいんです。

どうしても逆ギレができなければ、離れるか、笑いに変えるか、受け流し方を覚えるか、とにかく今までとは違う考え方、そして、違う行動をとりながら現状を少しずつでも改良していきましょう。

幸せ

『人目が気になる。。』気が弱い方へ【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「人目が気になる」を克服する方法についてのお話です。

人目が気になる人は、子供の頃に、親に反抗する時期が無かった可能性があるという内容になっています。

よく親の言うことをちゃんと聞く子供は、「いい子だね♪」と言われますが、実は、親にとっての「都合のいい子」になっていることもあるんですね。

だから、今から人目を気にしないようにするためには、「このクソババァ!」と思う、または口に出してみるといいそうです。

ただ、ここで一つ注意すべき点は、決して愚痴や泣き言などの『地獄言葉』をおススメしているわけではないということ。

あくまで、子供時代の反抗期を一度やってみる!というだけのことなので、親に反抗する機会があまり無かった人は、試しにやってみる価値はあるでしょう。

親の目を気にしながら育った人というのは、大人になってから世間の目を気にするようになってしまう傾向にあります。

これは、家庭環境の問題でもあり、親の教育理念にも関わってくることですが、そこを否定したり批判するのではなく、「自分はこういう考えで生きていくんだ!」という意思表示が大事なのだと思います。

というのも、親によっては子供が大人になっても、頭のどこかで、自分の子供は自分の思い通りになるものだ!という考えを持っているケースもありますからね。

また、一人一人に魂の段階があるという知識の無い人だと、「子供は親より下の存在である」という固定概念があるので、未熟な魂の親が、成熟した魂の子供を見下すようなこともあります。

もちろんそれもお互いに魂を成長するために、必然的に縁を持ったわけです。

ただ、とはいえ、我慢の先に待っているのは恨みだけ。子供の頃に反抗期を迎えられずに、世間の目にビクビクしてしまっている人にとっては、何とか解決したい問題ですよね。

ひとりさんがおっしゃる通り、一度、反抗してみて、それで何かが吹っ切れるというか、自分の考えを持って強く生きていっていいんだ!という感覚を持てるかどうか。。

こればかりはやってみないとわかりませんが、少なくとも『自分の意見』というものをしっかりと持ついいきっかけにはなるのではないでしょうか。

幸せ