『寺田本家のお酒』寺田さんとの思い出について【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「寺田さん」についてのお話。

これは、過去にひとりさんが、ある喫茶店で出会った寺田さんという方に贈った言葉です。

人生、出会いがあれば別れもありますが、ひとりさんにとって寺田さんとの出会いというのは、とても大きなものだったようですね。

普段、ひとりさんはどこへ行くにしても名前を言わず、言った時は再度そこには行かないんだそうですが、寺田さんと出会った時は、名前を言った後も通うようになりました。

それで仲良くなったということで、きっとこれも必然的な縁だったのでしょうね

この寺田さんのいいところは、ほとんどの人は大人になると弱みを隠したがるものですが、寺田さんは素直に人に弱みを見せられる方なんだとか。

また、そもそも「寺田本家」というのは酒蔵(さかくら)のことで、だんだん日本酒が売れなくなってきていて、悩んでいたそうです。

そこでひとりさんは、「寺田本家を日本一の酒蔵屋にしよう!」と声をかけ、寺田さんに協力することになります。

本当にひとりさんって親切ですよね。せっかくいい商品なのだから小冊子を作って、寺田本家のお酒の良さをお客さんに広めようと働きかけたんです。

他にも、これだけ一生懸命やってる会社が、苦しむのはおかしいということで、「値上げしましょう!」ということで値上げしたところ、何とお客さんは全く減りませんでした

お酒が売れなくなっている時期に値上げするというのは、大変勇気がいることですよね。

ただ、寺田本家のお酒を買うお客さんは「安い」から買っている人達ではないということ、そして、ガソリン価格が高騰している今、このタイミングに値上げするしかない!という判断だったようです。

こうしたひとりさんと寺田さんとの思い出話を聞いていると、やはり商売でも縁でも、「義理人情」というのはすごく大切なもの、そして「人の喜ぶ顔」を見るためなら頑張れるものなのだと感じますね。