地獄言葉の毒を吐くデメリットと回避法【小林正観】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬している、小林正観さんの「過去に口にした地獄言葉をリセットする方法」というお話をしていきたいと思います。

あなたは毎日、天国言葉を口にしていますか?それとも地獄言葉を口にしていますか?

天国言葉とは「ツイてる・うれしい・楽しい・感謝してます・ありがとう・ゆるします」など、自分の心に灯がともり人の心にも灯がともる言霊のこと。

一方、地獄言葉とは「愚痴・不平不満・泣き言・悪口・文句」など、自分の心も人の心も灯が消えてしまうような言霊のことです。

ちなみに、小林正観さんによると、この5つのことを『五戒(ごかい)』というんだそうです。

この五戒をいつも口にしている人には、次から次へと不幸な出来事が起きてしまいます

また、いくら普段から「ありがとう」という言葉を口癖にしていたとしても、それと同時に五戒も口癖になっているのであれば、プラスマイナス0となり相殺されてしまうので十分注意しましょう

地獄言葉を言うことが自分の人生にとってどれだけ「損」をすることになるのか、そのことをちゃんと頭で理解している人は、基本的には地獄言葉を言わなくなるはずです。

ただ、その時の気分や感情で、ついつい地獄言葉の毒を吐いてしまった場合は、「今のは無し無し!間違いです!」と言って取り消すこと。

これによって、今まで積み上げてきた「ありがとう」がリセットされずに済みます

というのも、地獄言葉を言っていることが「悪」である!ということに気付いているだけで、すでにあなたの魂は一つ上の段階に成長しているんですね。

それが中には、地獄言葉を言った後も「俺が正しい!何も悪くない!」と、何の反省もせず、平気で周りの人の心を暗くしながら、毎日を生きる人もいるわけです。

だから、「今のは無し!無し!間違いです!」と地獄言葉を反省することができる人は、ちゃんと取り消しができるので、それ以降は天国言葉だけを言うようにすれば大丈夫!

天国言葉「ありがとう」には不思議な力があります。

小林正観さんいわく、心を込めなくてもいいので「ありがとう」を25,000回言うと、短い人で1時間、長い人で3時間ほど、とめどなく涙が流れてくるんだそうです。

そして、さらに25,000回言い続けると「楽しい奇跡」が起こり始めるんだとか

それは例えば、病気や事故やトラブルなどのマイナスな出来事が起きにくくなるだけでなく、自分一人の力ではどうすることもできなかった問題が解決したり、心から人に感謝できるようになったり。

その代わり、25,000回に到達する前に、途中で地獄言葉の五戒を口にしてしまうと「ありがとうの効果」が薄れてしまうとのこと

私の場合は8つの天国言葉のほかに、7~8ヶ月ほど「私は愛と光と忍耐です」や「アメノミナカヌシ様お助け頂きましてありがとうございます」などの言霊を、毎日100回ずつ唱えていた時に『涙』が止まらなくなる時期が来ました

その時の感情としては、これまで一生懸命頑張ってくれた自分の体に対する感謝の気持ちや、今までいろんなことがあったけどここまで生き抜いてこれた喜び。

また、過去に自分を助けてくれた人への恩、お金や食べ物や身近な一つ一つの物に対する感謝の心などが一気に沸いてきました。

私はこの経験から、人間には「生き方」と「考え方」だけでなく、『思い方』も大事な要素なんだなと気付くことができました。

思い方というのは、例えば、気の合わない人が目の前に現れた時、「この人のせいで今自分はイライラしている」と思うこともできますが、「別に気にしないし平気!平気!」と思うこともできますよね

つまり、周囲の人や物事に原因があるのではなく、いつどんな場面においても「自分の思い方次第で人生は決まるんだ!」ということがわかってしまえば、いくらでも『ありがたいこと』に目を向けて、感謝の気持ちに焦点をあてることができるということ。

どう生きるか、どう考えるか、そして、どう思うかです。この「思い方」の大切さに気付くだけで、これまでとは全く違う「幸せの感覚」を味わうことができるようになります。