たまには自分の中にある甘い考えをゆるしてあげよう♪

自分に厳しい人もいれば、自分に甘い人もいる。

「あの人は自分に甘いからダメだ」と、甘い考え方は否定されがちだ。

でも、自分に甘いからこそ、自分に優しくできるし、いろんなことをゆるす気持ちにもなる。

何か新しいことにチャレンジした時、これは続けられそうにないなと思ったら、考え方を修正するよね。

自分に厳しい人は、中途半端が一番よくないとか、3年は続けないと人としてダメだと、そう考える。
.
.
だけど、本当は、自分に甘くていいんだよ。

風の時代では、状況に応じて柔軟に方向転換した方が、楽しく生きられる。

完璧な計画を立てて、いちいち行動を渋るより、まずは何でもやってみよう。

大人として、社会人として、年相応にって、それはもう十分やってきたでしょ?

正しく生きることはできるんだから、これからは楽しく生きる知恵を養っていこうよ。

たまには、今一番食べたいものを買って、自分を喜ばせてあげる。
.
.
あまりお金がないなら、お金がなくても楽しめる趣味を見つける。

毎日が同じ繰り返しなら、何かちょっとだけパターンを変えてみる。

新しいアイディアが出ないなら、既存のやりたくない行動をやめてもいい。

甘い考えって、悪いことばかりじゃないよ。自分を大切にするという意味では、メリットがたくさんある。

それに、あまり自分に厳しくしていると、自分が自分に対して、そっぽを向いてしまう。
.
.
どうせがんばっても報われないとか、最近何もいいことがないとか、それって、自分自身の厳しさが生み出した現実だよね。

世の中に対しても同じ。「世の中は厳しいものだ」とか、「あの人が将来は悲惨だと言っていた」とか、そういう話を鵜呑みにしていると、本当にその思考通りの現実になってしまうんだ。

世の中って、意外とたいしたことないよ。寿命が来るまで楽しく遊ぼう。

大人になっても、いくら年をとっても、完璧なんか求めなくていいよ。
.
.
もう少し、甘い考えを許可してあげよう。

魅力的なあの人も同じ人間だし、ダメなあの人も同じ人間。完璧な人なんて、誰一人いない。

みんなが、自分を大切にする世界。幸せだなぁ。平和だなぁ。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。

強い自我を解放して悔しい人生を抜け出す思考

努力をすれば報われる。そう信じて疑わなかった。

苦労を乗り越えれば幸せが待っている。それが常識だと思っていた。

でも、年を重ねると、ふと、自分が日々の生活で、幸せを感じていないことに気づかされる。
.
.
何をやっているんだ。こんなところで終わるわけにはいかない。負けるわけにはいかないんだ。

そうやって自分に厳しくする。自分に対して、厳しくすればするほど、周りの人に対する目も、次第に厳しくなっていく。

何をやってんだよ、もっとこうしたらいいのに・・と、心がトゲトゲしくなる。
.
.
本当はもうわかっているはずだ。

「苦労や我慢から幸せを生み出すことはできない」ってこと。

自分の考えに間違いがあるから、ゆるせないことが多くなっていること。
.
.
今日から私は、自分をゆるして、他人をゆるします。

自分に優しく、他人にも優しくします。

自分を愛して、他人を愛します。

そして、幸せな人生を歩んでいくことを誓います。
.
.
アメノミナカヌシ様、お助けいただきましてありがとうございます。