天国言葉「ついてる」と地獄言葉「ついてない」【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

斎藤一人さんの天国言葉の一つに「ツイてる」という言葉がありますよね。

ひとりさんは、この言霊の効果を講演会でも検証していましたが、「ツイてる」と「ツイてない」では、その人から出る波動(エネルギー)が全く異なるんです

実際に、「ついてる、ついてる、ついてる。。」と何度も言っている時には、なぜか力が入ります。

一方、「ついてない、ついてない、ついてない。。」と何度も行っていると、なぜか力が入らなくなってくる。

だから、日頃から自分がどんな言葉を発しているか、嫌なことがあっても体調が悪くても、「今日もツイてるなぁ♪」と言えるかどうか、これによって、幸せに近づいたり遠ざかったりするんです。

これはとても不思議な話ですので、ちょっと変わった人の教えだと思って、本当に信じたい人だけが聞くようにしてくださいね。

ひとりさんが「天国言葉を口癖にすると幸せになれるよ♪」とおっしゃっている理由は、いくつかあります。

1、そもそも自分が「ついてない」と思っている人は、幸せになるための思考を持てず、行動もできない。

2、心で何を思っていようが「ツイてる」を何度も口にしていると、脳の潜在意識が書き換わる。

3、「ツイてる」と言うたびに、その波動が蓄積され、ツイてる現象が自分に返ってくる。

こういったことは、「因果の法則」や「牽引の法則」とも呼ばれますが、これは「宇宙の法則」というもので、こういった「言霊の効果」は、すでに世界で多くの方々に認知されています。

こういった話を教えると、詐欺を疑う人もいれば、宗教だとバカにする人、徹底して学ぶ人、とりあえず実践してみる人など、人によって捉え方は様々です。

ただ、ひとりさんの目的は「一人でも多くの人が幸せになること」ですから、言霊の効果だけでが幸せの入り口ではありません。

あなたが今日一日、いい気分で幸せに過ごせるのであれば、それ以上のものはないと思います。

斎藤一人さんの名言に、「人が死んだ時に神様から聞かれることは2つだけ。あなたはこの人生を楽しみましたか?人に親切にしましたか?」というものがあります。

だから、明るく上機嫌で、人に優しくしながら生きている人は、言霊の効果を意識しなくても、普段から、「ありがとう」とか「元気出そうよ」とか「大丈夫?」など、そういった言葉を使えているもの。

ひとりさんの教えは、今までずーっと何年も、愚痴や泣き言、悪口、不平不満などの地獄言葉をまき散らしてきた人が、これから天国言葉を言って幸せになるスタート地点での話になります。

つまり、そういった人は、独り言のような形で「口癖」から始めないと、なかなか人に対して言うことが難しいんですね。

天国言葉とは、自分の心、または人の心に灯がともるような言葉のこと

「ありがとうございます、感謝してます、愛してます、幸せです、うれしい、楽しい、許します、ツイてる」が代表的な8つ。

それ以外でも、「大丈夫、何とかなる、運がいい、強気、豊か、絶好調、元気、よかった、穏やかで気軽、大げさに考えない」など、このような明るい言霊なら何でも構いません。

今のあなたにできることを無理せず焦らず、継続していくようにしましょう。