宇宙の法則を実践しても不幸な人の特徴【斎藤一人】

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「宇宙の法則を実践しても不幸な人の特徴」というお話をしたいと思います。

斎藤一人さんの教え(天国言葉・顔につや・笑顔・明るい服装・光り物のアクセサリー)などを実践し、日々、ワクワクしながら明るく過ごしているにも関わらず、なぜか「心」が幸せになれない人には、ある特徴があります。

その特徴とは、自我の強さによる『執着』です。

これは、我の強い性格の人が悪いわけではなく、我の強さが「頑固」「頑張りすぎ」を招いてしまうリスクが高いということ。

つまり、下記の3つのように、あらゆる『自我の執着』を解放させてあげないと、なかなか心から幸せを感じることはできないんですね。

1、「過去・未来」または「人」に対する執着(こだわり) → 『今』を一番大切にできていない。

2、「結果」への執着。短期的に結果を求めてしまう → 『いい気分』を最優先できていない。

3、「苦手・不得意」なことに執着し、無理に頑張っている → 自分自身の『素材』を生かせていない。
.
.
では、こういった執着心を手放すためには、どのような行動が必要なのか。

多くの人は、何か知識を得ると、行動を変えなきゃいけない!と悩んだりもがいたりするわけですが、本当は何もしなくていいんです。

実は、毎日の生活で、「確かに自分はこのことに執着していたな。。」と、一つ一つ、『自我の執着心』に気付くだけで、行動は変わらざるを得なくなるんですね。

「気付くだけで行動が変わるって、どういうこと?努力しないと何も変わらないんじゃないの?」って思うかもしれませんが、意外とそうではありません。

例えば、「あなたの歩き方って変だよ!」と言われれば、「え?どこが変なんだろう」って、歩き方がかっこいい人を見て、「あ、ここが違うのか!!」って気付きますよね。

それで、気付いた後は、嫌でも意識をし、意識をすれば、自然と改善されていくわけです。

大事なポイントは、この時点で「よかったね♪」と、一区切りつけること

執着心の強い人は、それ以降もずーっと、一歩一歩、足を前に踏み出す度に、「変な歩き方してないかな。。」と気にしてしまうので、それがストレスになり、自己否定や不快な気持ちが強くなってしまう。

つまり、そういった執着による「悪い波動」を出すと、その嫌な気分で過ごした時間が、いずれ、そのまま自分に返ってきてしまうんですね。
.
.
要は、自ら蒔いた種によって、「何をやっても結果が出ない状態」を生み出しているということ。

もちろん、いい種を蒔けば「いい結果」として実るわけですから、そのためには、今をいい気分で過ごして、「いい波動」を出せばいいということになります

こうした因果関係は、人の目には見えませんが、これが『宇宙の法則』というものです。

なので、「今週は結果にとらわれていたな」とか、「今日は、何時間も過去の失敗を考えていた」、「今、自分はちょっとだけイライラしていた」と、その都度、気付くだけでOK!!

気付いたら、それ以上は執着せずに、「今をいい気分で過ごそう♪」と、気持ちを切り替えること。

それだけで、たいていの問題は改善に向かっていきます。

だから、何か悩みが出た時は、解決しないから悩んでいる状態なので、一旦「保留」にして、問題を「横に置いておく」ことを心がけるようにしましょう。

これって、実は、誰でも無意識に経験しているもので、気晴らしに散歩をしたり、楽しく映画を観たりしているうちに、自分自身の「波動」が改善され、悩みが解消または解決に向かう!ということは、よくあるんですね。

ぜひ、信じられる方は実践してみてください。