奉仕の気持ちを持つ親切な人はオーラが違う【斎藤一人】

人に親切にすることは素晴らしいこと。そんなこと当たり前?って思いますよね。

でも、日常の中で、わかっていてもできないことってたくさんあります。

人目を気にしてしまうこともあれば、自身の仕事や健康のこと、お金のこと、そういった様々な意識に追われてしまうと、他人を気にかける余裕が無くなってしまうもの。

それに、今の時代に道で重い荷物を抱えてるおばあさんを見かけることもないでしょうし、そういう機会と出くわすことは稀だと思います。

そんな時でも「困っている人がいたら助けてあげよう」、このことだけがわかっていれば大丈夫です。

なぜなら、目には見えない波動、あなたから出ているオーラが違うから。

波動?オーラ?何を言っているのかさっぱりだ!と思われるかもしれませんが、人の心だって、目には見えなくても存在しています。それと同じ。

この世の中、助けるどころか「この人を困らせてやろう」と悪だくみをする人だっているわけですから、この記事を読んでいるあなたは、せめて「人に親切にしよう!」という気持ちだけでも持つこと。

もちろん行動に移す機会を自分で作ることもできますよ。

仕事をする時は会社に奉仕の気持ちで働き、給料をもらうたびに感謝を伝える。これも当たり前と思っている人は、感謝を伝えることが親切だと気付くことはできませんよね。

他にも、例えば車、バイク、自転車に乗っている時も、なるべく譲るようにする。これも親切だと思います。

成功している人の中には、「ただ運がよかっただけでしょ?」と言われるような人もいますが、そういう人が持つ強運は、日ごろの波動から生まれたもの。

良くも悪くも、ものすごい確率で起こる「奇跡的な出来事」も、偶然という言葉だけでは片づけることはできません。

例えば、たった3秒の時間のズレで、事故に遭った時の状況は変わってきますからね。

いつも自分だけが良ければそれでいいんだ!という波動を出している人と、どこかで必ず人に親切にして助けてあげるんだ!という波動を出している人とで、明暗が分かれるのは当然のことです。