天の神様が与える問題に腐っちゃダメだよ【斎藤一人】


⇒ この動画音声の文字起こしはこちら

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「天の声を聞く」という内容のお話です。

これは神様がいるという前提での話なので、そういったことを信じられない人や拒絶する人には響かないかもしれません。

もし、それでも興味があるようでしたら、架空の物語だと思って自由に神様をイメージしながら、気軽に聞いてみてください。

ひとりさんは普段、何か問題が起きた時、例えば今回の話では本屋に行ったら勝手に自分の名前で出版されていたものがあったそうです。

その時にひとりさんは、神様が上から見ているとして、この問題を通じて神は自分にどんな答えを望んでいるんだろうかという視点で考えました。

つまり、通常は自分と相手だけで考えて、裁判を起こしたり怒ったりするところを、一度、自分で天の神様をイメージして、神の視点になって考えてみたということです。

そうすると、自分と相手だけを見て、「これが絶対に正しい答えだ!」と思っていた答えが、実は幸せの道に進む道から、大きく離れていたということもあるんですね。

また、もう少しわかりやすい例でいうと、あなたが今すごく強くて優しい大人になれたのは、もしかしたら学生時代に厳しい部活を経験していたことが大きな要因になっているとします。

でも、その当時は、ただただ苦しくて大変な思いをしていただけかもしれません。その時にはわからないことが、後になってから気付くというパターンです。

つまり、今あなたに起きている様々な問題は、いたずらに不安や恐怖や心配事をするために出された問題ではなく、考え方次第では必ず幸せの道につながるということ。

もっというと、必然的に神が人を使って、あなたにその試練を与えているという見方もできるわけです。

なので、困ったことは起こらない、困っている時は学んでいる時ととらえて、必ず幸せの道にどこかでつながると信じて向き合ってみてください。

それはもしかしたら「時間の経過」でしか解決しない問題かもしれません。だとしたら、腐らずに時間の経過を待つことが学びということもあるでしょう。