不思議な話についてひとりさんに質問【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、「不思議な話」について、ひとりさんが質問に回答する形となっています。

例えば、判断に迷った時に「直感」で物事を決めることってありますよね。何となくこっちかなと。。

そういう時は、その直感を信じることによって、いい気分になり楽しくなる道が正解。気持ちが暗くなって落ち込んでしまうようであれば不正解。

そもそも、いつまでもグダグダ悩んだり苦しんでしまうようであれば、直感とかそういう以前に、その道は間違ってますよ!という一つのサインになります。

また、例えば、答えが出ないような奇跡的な出来事が起きて、それを導いてくれた存在が、守護霊なのかご先祖なのか浮遊霊なのか神様なのか、全くわからないとしますよね。

実は、このような「不思議」というのは、漢字にも意味があって、思っても議論してもいけない。だから「不思議」という字になっているんですね。

なので、答えの出ない出来事が起きた時は、それがいいことか悪いことかを考えるのではなく、明るい解釈をして、「これは必ず自分にとって幸せなこと♪」ととらえることが大事

もちろん、自分の体に支障が出るような「金縛り」が続いたりすると、不安な気持ちになってしまうこともあると思います。

そういう時は、お祓いに行くのもいいですが、普段から浮遊霊を呼び寄せるような暗い考え方をしていないか、そこを改良しなければ、再びそういった現象が起きてしまいます。

本来は、金縛りに遭ったことを笑い話にしたり、あえて気軽に構えて堂々としたり、そうやって、とにかく大げさに考えない方がいいです。

なぜなら、浮遊霊と同じ波動になってしまうことが一番の問題だから。明るい言葉、明るい考え方の人と浮遊霊は同居できません。

他にも、例えば、占いや霊媒師などに悩み相談をするとして、そこで自分に不利なことを言われても、それを鵜呑みにして、暗い気持ちになってしまったら、そのネガティブな思考通りの現実になってしまうんですね。

だから、本当に幸せになりたい!と思うのであれば、自分に不利なことを言う人を信じるのではなく、何があっても絶対に、有利な展開に持っていき、幸せな人生にするんだ!「覚悟」を決めること。

占いの当たり外れを繰り返す人、そういった人を神様の視点で見た時、せっかくあなたに与えた「心」や「脳」を使わず、人に頼ってばかりいることをよくは思いません。

これからは、無いものねだりをするのではなく、「今、自分に備わっている素材を生かす」。そこに強い決意を持つようにしましょう。

ひとりさんから聞いたトラブル回避術(遠藤忠夫社長)【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は、遠藤忠夫社長の「起きた出来事を受け入れる」というお話。

世の中には嫌な出来事があるたびに、感情的に人を怒鳴りつける人がいます。

でも、もしそれが神様から出された試験だったとしたら、完全に不合格ですよね。

おそらくそういった人には、再度同じようなことが起きて、同じような感情になる場面が与えられるでしょう

「起きた出来事を受け入れられない人」というのは、自分の人生が、普段から「ツイてない」と思っている人。

いつも不安や心配事、恐怖、イライラで生きている人には、それ相応の現象が起きてしまうんです。

これは牽引の法則といって、目には見えなくともそういった引き寄せの力が働いているんですね。

もちろん、自分の人生がツイてると思ってる人にも、たまに嫌な出来事や悪い人と遭遇することもあります。

しかし、いつも天国言葉を口にし、顔につやを出し、笑顔で生きている人には、「災い転じて福となす」という展開にしかなりません。

要は、例えば、事故に遭って車が大破したとしても「命が助かってよかった」とか、「この程度のケガで済んだのだから運がよかった」と、必ず後から「明るい解釈」ができるんです。

さらに、中には「あの日、あの出来事があったら今の幸せがある♪」と、幸せにつなげることまでできる方もいます。

つまり、そのような解釈をしている人には、これ以上、同じような現象が起こることはなくなるんですね

なぜなら、神様はちゃんと学ばない人にだけ、何度も同じような学びを与えるからです。

このように、遠藤忠夫社長の話にもありましたが、一時的な感情で怒るのではなく、冷静にその状況を判断して、起きた出来事を受け入れ、少しでも明るい解釈ができるように訓練していきましょう。

『地獄の話』無関心の罪って何?【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の動画音声は「地獄の話」についてのお話。

ひとりさんは基本的に明るい話しかしませんし、人の心が明るくなる、人の心に灯を灯すことしかしません。

でも、この「地獄」の存在を理解しておかないと、知識に偏りが出てしまいます。

一応、知っておくことで、自分がこれからどんなことに気を付けて生きていけばいいのか、一つの目安になると思うので、ぜひ、参考にしてみてください。

そもそも「地獄」とは、どんなところだと思いますか?

ひとりさんいわく地獄とは、寒くて暗くて臭いところ。周りには誰もいないそうです

じゃあ、なぜそういった地獄へ行かなければならないのか?どんな人が地獄へ行くのでしょうか?

その答えは「無関心の罪」を犯してしまった人。これがあの世では許されないんです。

主に地獄へ行く人とは、例えば、煽り運転や飲酒運転など、相手や相手の家族のことを全く考えない自分勝手な人。想像力の無い言動で法を犯す人。

実は、それ以外にも、日常の些細なことに無関心の罪が潜んでいることがあるんです

例えば、家の近所に障害者施設が建つとなった時に「反対」をする。これは、自分の家には障害者がいないから、他人には無関心ということですよね。

他にも、例えば、自分が癌の病気になったとする。そこで、人から勧められた本を参考にして、治療をしてみたら癌が治ったとします。

しかし、あなたは「癌が治ってよかった!ありがとう♪」と言って終わり。その本を他の癌患者に広めようとしなかったとする。これも無関心ということになるんです。

ただ、ひとりさんがおっしゃっているのは、「何にでも関心を持ちなさい!」ということではありませんよ。

せめて、自分の身近で起きた出来事や、自分が経験して感動したことに対して、もう少し関心を持って、無償の愛を注がないとダメだよ!ということ

上記のような事例に心当たりのある方は、今からでも少しずつ考え方を改良していきましょう。

また、「やってみたけどダメだった!」という方は、もうちょっとだけやり方を工夫してみませんか?

例えば、せっかく良かれと思って本をプレゼントしたのに、その人は読書が苦手で、あまり本を読む習慣がない人だったとしますよね。

普通だったらそこであきらめることでしょう。もちろん、本を進めただけでも素晴らしいことですよ

でも、だったら、「CDがあるから音声で聴いてみて♪」とか、「本の目次と最後だけでも読んでみて!」とか、「本の内容を私が簡単に説明するね」と、一工夫できることはあるはず。

もちろん、あまりしつこいのもよくないので、ほどほどにで構いません。

このように、どうやったらこの人が救われるだろう、どのようにこの人を助けられるだろう、これを一生懸命考えてあげることが「無償の愛」です。

幸せ