愛と光で生きられない奴は我が強いんだよ【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「相手のことを考える愛」についてのお話。

この世の中には「愛」という言葉があって、多くの人は「愛とは素晴らしいもの!!」という認識で、肯定的に使うことが多いと思います。

しかし、母国を愛するが故に、他の国の人間がどうなってもいい!これも愛ですよね。

民族愛とか祖国愛といったものから戦争につながるという、間違った愛に向かってしまうこともあります。

また、自分の家族には愛情があって大切にするけど、隣の子供が事故や病気になっても全く「無関心」というケースもあるでしょう。

要は、視野の狭い愛情というのは、時としてエゴになってしまうんですね

だから、愛とエゴは似ていて、我の強い人ほど「おまえのためを想って言ってるんだぞ!!」というような言葉を使ったりするもの。

でも本来、愛の観念とは相手のことを一番に考えること!

その時、人が人のためにできることって何だと思いますか?

相手を変えることでも、思い通りにすることでも、自分を犠牲にすることでもありません

実は、「いつも笑顔で明るく上機嫌でいること」。これが世の中で一番の奉仕であり、ボランティアでもあるんです。

その上で、黒人でも白人でもいい、価値観が違ってもいい、宗教が別々でもいい、皆それぞれが幸せになることを応援することが大事。

なので、あなたが持っている「愛」が、自分を愛する自己愛なのか、相手のことを考えた愛なのか、その見極めをいつも心の中で判別するようにしましょう。

例えば、自分は助かるけど相手が迷惑してしまうケースもありますし、自分は苦痛だけど周囲が喜んでくれるケースもありますよね。

正しい愛とは、まず、自分自身が楽しくて上機嫌な状態を作ること、それを前提として、相手の役に立ったり喜んでもらったりすることです。

結果として、「自己愛」なら相手も自分も不快な気分になるでしょうし、「相手のことを考えた愛」なら相手も自分もハッピーな気分になります。

これまで「おまえのために!!」といって、人に厳しい説教ばかりしてきた人も、自分の心が穏やかで上機嫌の時は、人に対して攻撃的な姿勢を持とうとは思いません。

それどころか、「もっと人の心が軽くなることを言わないとダメだ!!」ということにも気付くようになるでしょう。

幸せ

私の話は楽しいと思った人だけが聞けばいいの【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「楽しく成功する方法」についてのお話。

斎藤一人さんのお弟子さんは皆、億万長者になっていますが、実は当時、ひとりさんの話を聞いていた人は他にもたくさんいたんだそうです。

では、なぜ同じように話を聞いていたにも関わらず、「成功した人」と「成功できなかった人」に分かれてしまったのでしょうか。

その要因は、ひとりさんのお話が「楽しい」と思っていたかどうか、この一点に尽きるんですね

世の中の一般概念としては、「一生懸命努力した人だけが成功できる!」という考え方だと思います。

ひとりさんのお弟子さんは、努力以前に、ひとりさんのことが大好きで、ひとりさんの話を「楽しい!!」と感じる人達でした

このちょっとした思考の差が、ものすごく大きな差となって結果にも表れたんです。

そらぐらい、物事に取りかかる時の「目には見えない波動」。この存在を大事にしないといけません。

例えば、お金が無くて現状に不満で何とかしたくて頑張るAさんと、現状の小さな幸せに感謝しながらお世話になった人への恩返しのために頑張るBさんがいるとします。

①Aさんが出している波動は「今が苦しい。。」なので、目の前の課題を乗り越えた先に待っているのは「さらなる苦労」です。

②Bさんが出している波動は「今が幸せ!!」なので、目の前の課題を乗り越えると、「さらなる幸せ」が待っています。

これは、信じたくなければ全く信じる必要はありません。信じたい人だけが信じればいいと思います。

昔から、親や親戚から「苦労の先に幸せが待っているよ」と教わってきた人がほとんどでしょうから、こういった話に不信感を抱くのも無理はないでしょう。

しかし、過去の苦労話をしている人は、今でも何かかしらの苦労を抱えて、苦痛に顔を歪めているのではないでしょうか?

サラリーマンでも、会社のために奉仕のつもりで仕事をしている人がいる一方で、時間の経過を待って給与さえもらえればいいという意識で、嫌々仕事をして苦労している人もいます

逆に、甲子園で活躍する高校球児のように、周囲の人から見ると「毎日苦しい練習をしてご苦労だね!」と思うかもしれませんが、当人達は「野球が大好き!!」で楽しいという前提がありますよね

この2つの考え方は、どちらも努力をしている点では同じなので、その見極めの際には注意が必要です。

真面目で正しい主張をする人は立派です。ただ、幸せな人生を送るのは、明るくて笑顔で親切な人

たわいもない冗談を言いながら、人生をあまり大げさに考えず、気軽に生きる側面を持つことも大切にしましょう。

幸せ

老後に備えた定期預金でお金持ちになれない理由【斎藤一人】

こんばんは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「健全な欲で億万長者になる」というお話。

ひとりさんの話をよく聞いてる人であれば、何となく言いたいことが理解できるのではないでしょうか。

たまに、あまりにも考え方が真逆で「この人は何をバカなことを言ってるんだ!」と感じる方もいるようですが、納税日本一になる事業家と一般の方とで、考え方に差が出るのは当然のことだと思います。

今回はお金に関する内容ですが、その通りに実践するかどうかは別として、一度、ひとりさんの「考え方」を素直に聞いてみてください。

その上で、今まで自分が思いついたことのない発想だったとしたら、自分の人生にどう取り入れることができるかを考えてみましょう

まず、話の中に出てきた事例として、定期預金を頻繁に解約すると挫折感が出てしまうので、50万なら50万貯まってから定期にした方がいいという話や、毎日100円ずつでも貯金することが大事だよ!という話がありましたよね。

こういったことを「お金のバリアを強くする」といって、お金のバリアが無いと、お金に困った問題が次々と起きてしまいます。

次に、億万長者になる方法。ここからが非常に価値の高い内容になっています。

実は、お金を持てない人の最大の特徴は「欲」が無いという点なんです

欲には、「いい欲」と「悪い欲」があって、ほとんどの方はお金に欲があると聞くと、悪いイメージが強いのかもしれません。

働かないでお金を得ようとする詐欺師のような人が持っているのは「悪い欲」。

ただ、これが「いい欲」であれば、絶対に持たなければならないんですね。

例えば、この世の中を争いの無い平和な国にしたい!というのも「欲」になります。

なので、「億万長者になりたい!」というのも「健全なる欲」であれば、うまくいくということ。

ひとりさんは、節税を考えたことがないそうです。

節税を考えてる暇があるなら、働き口の無い人のために雇用を生み出し、健康でいたい人のために商品を開発したい。これは健全な欲です。

こういった「いい欲」を持っているから、いろんな知恵やひらめきが出てくるんですね。

それは誰が与えくれるのかというと、自分の中にいる内神様。この辺の話を信じられない方は「神様」という存在を自由にイメージしてみてください。

「欲」というものを神様がつけてくれたと仮定した時、神様が人間に不要なものをつけると思いますか?

健全な欲であれば、それを十分に活用した方が神様は喜ぶはずです。そして、そういった人に奇跡を起こしてあげたい!と思うことでしょう。

だから、本を読んでもCDを聞いても講演会に参加しても、どんな努力をしても結果が出ないという方は、一度、自分の中にあるブレーキを外す必要があります。

懸命に仕事をして、人が喜び、人の役に立ち、自分にお金が入ってくる。この欲は、決して悪いことではありません。健全なる欲です。

お金