天国言葉8つ×1,000回(田宮陽子さんver.)【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「天国言葉8つ×1,000回」です。いつもはひとりさんの声ですが、今回は田宮陽子さんバージョンになります。

『愛しています、ツイてる、うれしい、たのしい、感謝してます、幸せ、ありがとう、許します』

この8つの言葉を毎日、口癖にしていきましょう!

また、どれか一つの言葉に絞って、その単語を何度も唱える「単語法」というやり方もあります。

これは、例えば、「ツイてる」なら、ツイてる!ツイてる!ツイてる!。。と、何度も同じ単語を繰り返し口にする方法です。

強気になりたい人は、強気!強気!強気!。。と「強気」を何度も言うようにしてみてください。

どちらの方がいいということはないので、好きな方を選んでとにかく行動に移すことが大事。

「私は元気です、健康です!」と言ってもいいですし、「元気!元気!元気!」「健康!健康!健康!」と言うのでもいいです。

どちらにしても、良い波動が出るので、千回言ったところから少しずつ起こる現象に変化が出てきます。

そして、自分の脳の中に、明るくて前向きな意識がどんどん入っていくことになります。

私が毎朝、口にしているのは「ツイてる」という言霊。これを単語法で1,000回言うようにしています。

実際にやってみるとわかりますが、一度に1,000回だと10分くらいかかるので、あまり無理をせず、一日10回を100日続けて1,000回という考え方でも大丈夫です。

あくまで、これは幸せになるために楽しくやるものですから、苦しいのを我慢してまで続ける必要はありません。休み休み、本当にできる範囲内で構いませんからね。

また、どうしても飽きてしまうようであれば、その日の体調や自分の感覚に応じて、今必要な言霊はこれ!と思うものを選ぶやり方でもいいと思います。

私の場合は、「毎日必ず唱える言霊」、そして、「その日の気分や心身の状態に応じて唱える言霊を選択」という形をとっています。

随時変わりますが、特に下記の言霊は毎日言うようにしています。

●「ついてる」×1,000回言う
●「この人に全ての良きことが雪崩のごとく起きます」×100回言う
●「我は神なり愛と光なり」×100回言う
●「私は愛と光と忍耐です」×100回言う
●「アメノミナカヌシ様、お助け頂きましてありがとうございます」×100回言う
●「幸せだなぁ、豊かだなぁ」×100回言う
●「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」×100回言う

最近よく選択している言霊(ひとりさんから教わった言葉を少しアレンジしているものもあります)

●「うれしい」×1,000回言う
●「たのしい」×1,000回言う
●「私は元気です、健康です、覇気があります」×100回言う
●「今日はいい日だ、いい人生だ」×100回言う
●「大げさに考えない、大丈夫大丈夫大丈夫」×100回言う
●「自分はすごいんだ、価値がある」×100回言う
●「人を変えることはできない、自分が変わります」×100回言う
●「威張っちゃいけない、ナメられちゃいけない」×100回言う
●「守護霊様いつもお守り頂き、ありがとうございます」×100回言う
●「指導霊様いつもご指導頂き、ありがとうございます」×100回言う

このように、自分にとってどんなやり方なら楽しく続けられるかを考えて、ワクワクしながら言うのが一番です。

心はコロコロ変わるものなので、何かあるたびに右往左往するのではなく、いつも心に灯がともる明るい言葉を使うようにしましょう。

幸せ

「心の御柱を立てる話」と「心の凝りをとる話」【斎藤一人】

こんにちは、ツイてる坊主です。

今日の音声は「心の御柱」「心の凝り」の2つのお話です。

まず、心の御柱って何ですか?というと、仕事に使命感を持つことです。

毎日、仕事をする目的は、自分が給料をもらうためですが、それだけはなく、会社に貢献したりお客さんに喜んでもらうという使命があります。

例えば、普段自分が使っている食器は丁寧に洗うけど、職場の食器は手を抜いて洗うというのは、使命感を持っている人の考え方ではありません。

もちろん、毎月の給料が同じなのに、そこまで一生懸命やって何になるの?と言いたくなる気持ちもわかります。

でも、人生って同じ仕事をしていても、「幸せな道に進む人」と「不幸な道に進む人」っているんです。

それは短い期間では理解できなくても、5年10年と時間が経過する中で、なぜか次々と良いことが起こる人もいれば、なぜか次々と悪いことが起きる人もいますよね。

この違いは何ですか?といった時に、給料以上に使命感を持って会社に貢献したり、仲間に親切にしたり、お客さんが喜ぶことをしたりしているか、そういったところで変わってくるものです。

2つ目のお話は「心の凝り」に関する内容。心が凝っていると、人はどうしても頑固になってしまうので、なかなか人に心を開くことができなくなりますよね。

この心の凝りをほぐす方法は、人と会話をすることだよ!とひとりさんはおっしゃっています。

「え?人と話をするって、そんな単純なことなの?」って思うかもしれませんが、今の時代、テレビでも何でもそうですが、皆、会話よりも、人のことを正しく裁くことばかりを優先しているんです。

じーっと様子を見て、「この人はこういうところが悪い、もっとこうした方がいい!」と、粗探しや正しい主張をしてしまう。でも、あまりそういう人と一緒にいたくありませんよね。

人の心が解き放たれる時というのは、楽しく会話のキャッチボールをする中で、徐々に凝り固まった心が柔らかくなるもの。

だから、相手の話が正しいか正しくないかは関係なくて、いかに、楽しく会話をして、お互いに柔らかい心でいられる状態を作るか、そこを意識していくことが大事。

勉強ができない人もいれば、仕事ができない人もいる。だからといって、その人に正しいことばかりを言って、言い負かしたところで誰も幸せにはなりません。

いつも自分の心を明るい状態で保つこと、そして、どんな時でも人の心に灯をともすようにしましょう。

幸せ