『引き寄せの法則』を意識しすぎて萎縮してしまう時

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、『「引き寄せの法則」を意識しすぎて萎縮してしまう時』というお話をしたいと思います。

引き寄せの法則を学び始めると、「今の自分の感情」を大切にするようになるので、自分自身の内面と向き合う機会が多くなってきます。

その時に、引き寄せの仕組み自体は、とてもシンプルなものですが、最初のうちは、何かと難しく考え込んでしまったり、ネガティブな感情になっていないかビクビクしてしまったりするもの。

私自身も、「今の生活に、どんな習慣を取り入れたらワクワクするかな・・」と、本当は「心」で感じなければならないワクワクを、「頭」で考えすぎてしまうことがよくありました

もちろん、知恵を使うことも大事なのですが、自分がワクワクすることって、いちいち悩みながら生み出すものではありません。

また、何か「初めての行動」をとったり、「新しく人との縁」を作らなければ、ワクワクすることができないからダメ!というわけでもないんですね。

日常生活の中で、ご飯が美味しいな、ぐっすり眠れた、体調がよくなった、映画が面白いなど、小さな幸せの積み重ねの中で、自然といい引き寄せができるようになってくるものです。
.
.
つまり、ワクワクだけでなく、心地いい、うれしい、楽しい、感謝など、そういった感情を『日常の衣食住』の中で、意識的に感じられるかどうかがポイント。

そして、ネガティブな感情になってしまった時は、「そんなんじゃ、悪い現象を引き寄せてしまうからダメ!!」と否定せずに、「あ、今自分はイライラしているな」「今、ちょっと将来のことで不安を感じてる」と、その感情を客観視するだけで大丈夫です。

それでも、心が動揺してしまうようなら、一つ一つの動作スピードを緩め、ゆっくり深呼吸し、時間をかけて通常の精神状態に戻していきましょう

その上で、「そうだよね、わかるよ♪その気持ち、よくわかる!」と、自分自身の感情を肯定してあげてください。

というのも、本当にネガティブな人というのは、ネガティブな感情になることではなく、「ネガティブな感情を否定する人」のことなんですね。

なので、今の自分の感情から、いつも『一段階上げることができればOK!』という考え方で問題ありません

マイナスなら0に戻し、0なら1をプラスし、1から2にするようなイメージで、今の自分が無理なく考えられること、今の自分が無理なく行動できることを選択するようにしましょう。
.
.
引き寄せの法則は、現実的な方法論とは違って、目には見えない因果関係なので、「本当に引き寄せの力って存在するのかな・・」と、不安な気持ちになってしまうこともあります。

その不安感から、自我が強くなり、間違った方法で「引き寄せ」を実践してしまうケースもある。

例えば、下記のような「我の強さが招く間違った行動」によって、挫折してしまうケースがあるので十分注意しましょう。
.
.
×『自分を犠牲にする』:きっと、いい人にならないと夢は叶わないから、無理をしてでも周りに合わせよう。人助けもしたい。→ 本当は自分自身の幸せが先

×『他人に嫉妬する』:あの人は引き寄せの仕組みを学んでいないけど、人生がうまくいっている。悔しい。自分嫌い。→ 他人と自分は、魂の成長段階が違うので、一切比較する必要はない

×『願うだけで行動しない』:強く願えばいずれ叶う!と勘違いし、何も行動せずにモヤモヤした気分で過ごす。→ 「いい気分」で過ごせる行動を選択し、あまり願い事に執着しないこと

×『心より理屈を優先する』:何だかんだいって賢い人が成功するんでしょ?と、直観より理屈で動いてしまう。→ いい気分でいる時の「ひらめき」や「直感」を大切にした方がいい

×『正しく実践してもダメ』:ちゃんと本を読んで実践したけどダメだった!と諦めてしまう。タイムラグ(時間差)を待てない。→ 結果は、あなたにとってベストなタイミングで出る
.
.
このように、「間違った解釈」「自我の強さ」を持ってしまうと、なかなか、引き寄せの力をうまく活用することができません。

とはいえ、何をやるにしてもそうですが、初めて自転車に乗る時と同じように、最初は何度も何度も失敗するもの

何をやっても成功する人は、「このやり方では失敗するのか、じゃあ次は・・・」と、決して萎縮せずに、成功するまで淡々と、次の手を出し続けるんですね。

だから、強く願うだけではモヤモヤする!と感じたのであれば、「何か一つでも行動に移す」とか、他人にナメられて萎縮してしまうくらいなら、「無理にいい人を演じるのはやめる」とか、そうやって、次の一手を出すことが大事。

また、どれだけ正しい考え方で引き寄せを実践していても、どのタイミングで願いが現実になるかは、神様にしかわかりません

それに、「夜明け前が一番暗い」といって、明るく幸せに生きている人にも、あえて、神様からお試しの試練が与えられることもあります。

その時、自分に不都合な出来事に対して、愚痴や不平不満、悪口などで対応するか、明るく笑顔で対応するか、それによって、その後の展開が決まってきます。

思考の「思」と「考」を分けて使いこなすメリット☆

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの学びを参考に、『思考の「思」と「考」を分けて使いこなすメリット』というお話をしたいと思います。

これは私自身が、日常生活の中でふと感じた気付きです。

いつも明るく上機嫌で生きるためには、思考の「思い」「考え」を一緒にしてはいけないのではないか

これはどういうことかというと、人間って、同じ情報を得ても、同じ景色を見ても、人によって『感じ方』って異なりますよね。

例えば、きれいな景色を見た時に、笑顔で心が躍るような感覚を持つ人もいれば、暗く切ない心で涙を流す人もいます。

また、世の中で起きたニュースに対して、冷静に現状を把握して対策をとる人もいれば、ひどく気持ちが落ち込んで身動きがとれなくなる人もいます。

しかし、斎藤一人さんの教えにもあるように、人間は、今日一日を明るく生きて、人に親切にするために生まれてきました

だから、そのためには、なるべく、暗い気分や不機嫌な状態を作らないように、自分で『自分の感情をコントロール』しなければなりません。

なぜなら、今発している波動が「未来の自分」に返ってくるだけでなく、気分の浮き沈みが激しいと、「周囲の人の心」を暗くしてしまうからです。

そこで、私自身が気付いたことは、幸せな人と不幸な人の違いって、実は、「考え方」じゃなくて『思い方』なんじゃないかということ
.
.
というのも、たいてい人間って、皆、同じようなことは考えているんです。

例えば、美味しいものを見たら、食べたいから食べる。

でも、食べた後に、「いやぁ、美味しかったなぁ♪幸せ!ありがたい!」と思う人もいれば、「はぁ、また太っちゃうな。次はいつ食べられるかな・・」と思う人もいる。

これと同じように、例えば、新型コロナウイルスのニュースを見た時も、多くの人が、「政府の対応は遅い」「暗い人生だな」「世の中お先真っ暗」と思いましたが、一方で、そうではない人もいるわけです。

こんな状況だからこそ、儲かっている会社もある。今のうちにここへ投資をしておこう。これからは、AIの発展とテレワークの環境が加速するから、いよいよ「面白い時代」になってきたな。

このように、同じ出来事に対して、マイナスに解釈する人だけでなく、プラスに解釈できる人もいるんですね

もちろん、プラスに解釈している人も、頭の中では、コロナで世界中がまずい状況になっていることは理解しているはず。

ただ、起きた出来事に対する「思い方」を意識的にコントロールしているので、自ら幸せな人生に舵を切ることができるということ
.
.
私はこのことに気付いた時、斎藤一人さんの教えは、思考の「思」「考」を分けて使いこなすことで、無理なく実践することができる!と感じました。

「でも、そんなことって本当にできるんですか?」と、そういった意見が多いかもしれませんが、特別に、何か難しいことをするわけではなく、心がけ次第ですので、誰でも簡単にできます。

頭の中では冷静に現状を把握し、心の中では明るい灯を常に照らし続ける。

例えば、人と会話をする時に、理屈で考えると相手の話はつまらないな・・と感じたとしても、相手が楽しそうに話していると、それだけで「明るい気分」になることってありますよね。

映画を観る時だって、頭の中で先を読むよりも、純粋に「すごい!なんで?そうなるんだ・・」と、心の目で見た方が楽しむことができる

このように、一概に「思考」といっても、頭の中で考えていることと、心の中で思っていることは、わざわざ連動させる必要はなく、むしろ切り離した方が幸せを感じやすくなります

これを日々、心がけるメリットとしては、世の中の出来事や周囲の人の意見に、「右往左往する場面を極力減らす」ことができたり、体調不良や不機嫌な時も、「心の針だけは上に向ける」ことが可能。

もちろん、最初から、「無理!できない!」っていう人は論外ですよ。何があっても幸せな人生にするんだ!!と、『幸せになる覚悟』を持っている方は、ぜひ、実践してみてください。

国民一人一人の波動が「日本の明暗」を左右する理由

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんから学んだことを参考に、『国民一人一人の波動が「日本の明暗」を左右する理由』というお話をしたいと思います。

あなたは、今後の日本において、国民一人一人の先行きを決める要素は何だと思いますか?

現実的に考えると、新型コロナウイルスなどの問題が解消され、経済が回復し、景気がよくなり、給料が増えるといったイメージかもしれません。

もちろん、具体的な方法論も大事ですが、その一方で、「目には見えない因果関係」にも目を向ける必要があるんですね。

『宇宙の法則』の観点からすると、どの時代においても不変的なものがあります

それは、目には見えない波動(エネルギー)による因果です。

「え?何?怪しい!宗教?」と思うかもしれませんが、目に見えないものは全て存在していない!と、勝手に決めつけていませんか?

『人間の心』が目に見えないのと同じで、波動による「因果」も目には見えません

例えば、「ツイてる・幸せ・ありがとう」などの『天国言葉』を口にしている時は、体に力が入り、「ついてない・もう嫌だ・腹が立つ」などの『地獄言葉』を口にしている時は、体に力が入らなくなる。

この現象は、すでに多くの著名人が講演会などで実証し、その講演に参加した人達も、実際に体験をしています。
.
.
実は、この原理は、地獄言葉を言った本人だけの問題だけでなく、国民一人一人が、日々使う言葉次第で、「天変地異」を引き起こすこともある!といわれているんですね。

斎藤一人さんいわく、一人でも多くの人間が『明るい波動』を出すかどうかで、地震が起きた時も、震度7が震度6になるなど、そういった変化も十分にあり得るとのこと。

だから、世の中で起こる災害やコロナウイルスの問題は、決して他人事ではありません。

今、国民の一人一人にできることは、波動を下げないようにすること

波動というのは、振動数というエネルギーのことですが、これは、普段使っている「言葉」「思い」によって上下するものです。

例えば、上司に怒られた時に、冗談を言って交わせる人もいれば、ひどく落ち込んでしまう人もいますよね。

前者であれば、波動が高いので、次は「いい現象」が起きやすくなりますが、後者の場合は、波動が落ちてしまうので、次もまた、「ネガティブな出来事」を引き起こしやすくなってしまいます。

このように、現状を創っているのは「過去の波動」であり、未来を良くするも悪くするも、「今、出している波動次第」ということになるわけです。
.
.
こういったことから、世界中の「新型コロナウイルス」の問題だけでなく、日本の少子高齢化や不景気などにおいても、本当は、「方法論」ではなく、「波動」に焦点をあてなければなりません

世界全体の波動を上げるためには、国民一人一人の波動を上げる必要があります。

波動を上げる方法は、『天国言葉・笑顔・ワクワク・オシャレ・スピード』などを意識する。例えば、ご飯が美味しい、映画が面白い、オシャレが楽しい、仕事のスピードを上げるなど、こういった状態・感覚を常に心がけるのがポイント!

だから、世の中が暗くなろうが、周囲の人が落ち込んでいようが、共倒れするのではなく、あなた一人だけでも明るく幸せに生きていくことが大事。

そんな中、ネット上で政治家を批判したり、コロナウイルスに恐怖心を持ち続けたり、芸能人を誹謗中傷したり、そんなことばかりを続けていてはいけないんですね。

宇宙の法則を学び、理解している人であれば、すでにこのことに気付いているでしょう。

ただ、一部の人がいくら徳を積んでも、大衆が「悪い波動」を発し続けていては、いつまで経っても、悪循環の因果が巡ることになります。

なので、個人的には、国民一人一人の「意識」や「心がけ」が、日本の明暗を左右する!と、本気でそう思っています。
.
.
もちろん、「嫌なことがあるから、不機嫌になり、嫌な気分になり、暗い言葉を言うのは当然だろ!!」という気持ちもわかります。

でも、部屋の電気だって、暗くなったらスイッチを入れて明るくしますよね。

暗い出来事が起きたから、暗いままでいいんだ!と言っていたら、ずーっと暗い部屋で生活することになるわけです。

あなた自身、「今日一日、意識を明るい気分に持っていくぞ!」と、覚悟を決めれば、今、この瞬間から、明るい気分に意識を向けることは可能なはず!

決して不可能なのではなく、自ら意識をすれば可能なはずなんです。

例え、大切な人との死別があっても、時間をかけて「明るい解釈」に意識を持っていくしかありません。

その人には、その人の人生があり、あなたには、あなたの人生があるわけですから、余生をどう過ごすかは、あなた自身で決めることができます。

朝起きたら、「今日は、楽しい思考と行動だけを選択しよう!」と、覚悟を持って決めてみてください。

これからは、夢を叶えるための覚悟ではなく、『何があっても幸せに生きる覚悟』です。