「いつになったら願いが叶うんだろう」って思った時

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『「いつになったら願いが叶うんだろう」って思った時』というお話をしたいと思います。

あなたは、自分が思い描いた夢や目標に対して、「まだまだ遠い道のり・・・」と、肩を落とすことはありませんか?

日々、その距離感ばかりに目がいってしまうと、どうしても「焦り」の感情が強くなり、苦しくなってしまいますよね。

その気持ちはわかりますが、本当にその夢を叶えたいのであれば、頂上に辿り着く過程での「小さな願い」が叶っていることに、喜びを感じながら、歩んでいかなければなりません

過去に納税日本一となった斎藤一人さんも「今、目の前のものを大切にするんだよ!!」と、そうおっしゃっていますし、引き寄せの法則でも『今どんな波動を出すか』によって、日々ゴールに近づくか遠ざかるかが決まる!といわれています。

そのためには、一番叶えたい願いが、まだ現実になっていなくても、そこに一歩近づくたびに、「叶ってよかった♪」と喜ぶことが、非常に重要なポイントとなります。
.
.
だから、毎日、嫌な気分で過ごす時間帯が多かったのであれば、自ら「いい気分」を選択できる機会が増えただけでも一歩前進なので、「以前よりだいぶ成長した!」と、素直に喜ぶようにしましょう。

また、一人でも共感できる仲間ができたり、参考になるブログを発見したり、夢に近づく新たな情報を知ったり、こうした小さな前進を決して軽視しないこと。

なぜ、この作業が願いを実現させるために必要なのか。

その理由は、「自分が思い描いた大きな夢」「今いる自分の距離」が、遠ければ遠いほど、ネガティブな感情になりやすいからです。

例えば、自信がなくなってきたり、絶望感や挫折感、無気力、苦悩、恐れ、焦り、自己卑下など、こういった感情の発端となるのは、大きな夢に対して一足飛びに近づこうとする考え方

そういう考え方にハマってしまうと、淡々と向かっていけば叶う夢さえも、叶わなくなってしまいます。
.
.
斎藤一人さんの言葉に、「夢は小さく、努力は大きく」という名言があります。

これは、「そんな小さな夢に、そこまでの努力をするの?」というくらい、低いハードルを次々とクリアしていくことです。

例えば、「この会社の主任になったって仕方ない!」ではなく、主任になるために、誰よりも全力を尽くすとか。

そうやって一つずつ、段階を踏んでいくことが大事

それでも、時に、「あの人がうらやましい。。」「何であの人だけうまくいくの?」と、嫉妬心が芽生えてしまうこともありますよね。

そんな時は、少しでも、今の自分に近い存在の人に目を向けたり、力の差を感じる人からは「真似できそうな部分」だけに、意識を向けるようにしましょう。

そうしないと、「まだまだ及ばない。遠い。不安。」と感じてしまうので、そこまで踏み込まずに、ワクワクやウキウキを感じられる段階でとどめて、その状態を楽しむこと
.
.
また、どんなに魅力的で素敵だなと感じる人でも、過去の粗探しをすれば、誰だって一つや二つ、否定的な目で見たくなるような話は出てくるものです。

ただ、そこで、その人の悪口を言い始めてしまったら、あなたの人生は好転するどころか、自ら不幸な道へばく進するようなものなので、その辺は十分に注意しましょう

他人に対しては、「いいな!」と思う部分だけを収集すれば、それ以外のことを追求する必要はありません。

自分のことも、他人のことも、何をしている時も、「今、楽しい気分?」「今、嬉しい気分?」「今、ワクワクしてる?」「今、嫉妬してる?」「今、イライラしてる?」と、自分自身に問いかけてみてください。

もし、ポジティブな感情なら、そのままの状態をキープすることを意識し、もし、ネガティブな感情なら、『そうだよね、わかるよ、その気持ちわかる!』と肯定した上で、「でも、この部分はよかったよね、感謝しよう♪」と、ちょっとずつ時間をかけて、解釈を変えるようにします

人間は、何も意識していないと、気付けばネガティブな感情に偏ってしまうものなので、日々、何度も繰り返し『解釈の修正』をしながら、少しでも明るく幸せな心で過ごせるように、できることから一つ一つ、焦らず、行動に移していきましょう。

いい気分でワクワクを持続させるための具体的な行動

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、「いい気分でワクワクを持続させるための具体的な行動」についてお話したいと思います。

引き寄せの法則で最も大切なことは、今この瞬間を「いい気分」で過ごし、少しでもワクワクの心で毎日を過ごすようにすること。

でも、それをずーっと持続させるって、簡単なようで簡単ではありませんよね。

日によって、「体調が優れない時」もありますし、なかなか夢や目標に近づくことができず「不機嫌な時」や、何か問題やトラブルを抱えていて「悩んでいる時」もある。これは、人間なので仕方のないことです。

私自身も、どれだけ引き寄せの仕組みを頭では理解していても、自分の感情をうまくコントロールすることができず、立ち止まってしまうことだってあります。

では、そんな中で、少しでも『いい気分』を持続させるために、どんな意識を持つようにしたらいいのか

実は、常に何かワクワクすることをしなきゃ!と、イベントに出かけたり、次々と行動したりすることだけが、いい気分になる方法ではないんです。

それだけだと、どうしても感情の浮き沈みが出てきてしまうので、そうならないためには、『日常生活の小さな幸せ』に目を向ける必要があるんですね

例えば、下記のような考え方を持つだけでも、いい気分を持続できるようになります。
.
.
1、朝飲んだ「コーヒー」が美味しかった^^

2、洗い立ての「タオル」、気持ちいいな♪

3、近所を「散歩」したら、気分が明るくなった。

4、今日はどの「服」を着ようかな。

5、「猫」がかわいいな☆

6、好きな「音楽」を聴いたらテンションが上がった。

7、「旅行」の計画を立てたらウキウキしてきた^^

8、気になってた「映画」を観たらとても面白かった。

9、お昼に買った「お弁当」が美味しかった♪

10、管理人さんがいつも「親切」でうれしい。
.
.
このように、美味しい、面白い、ウキウキ、うれしい、かわいいなど、日々の小さな幸せをノートやブログなどに、一通り書き記すことが大事。

私はこういった作業を「エクセル」などを使って管理していますが、自由に「紙」に書いてもいいですし、普段、自分が使っているもので、何でも構いません

その際に、例えば、ジャンルごとに分けて、「自分が好きなもの」「今日のよかったこと」「現状のいい所」を、それぞれ一覧にしてみるのもいいと思います。

これをやることによって、これまでは何とも思わなかった当たり前のことが、一つ一つ幸せに置き換わっていくので、今まで気付かなかった『新たな幸せ』を発見することも可能です

例えば、「今住んでいるマンション、以前よりも便利な環境になってよかった♪」とか、「あの人のおかげで、いつも自分は助けられてる気がする♪」など。
.
.
なぜ、幸せなことを一覧に書き記す必要があるのか。

その理由は、シンプルに、人間は何も意識をしていないと「何かいいことないかな~」と、無いものねだりをしてしまう生き物だからです。

なので、ノートなどに幸せを記録することで、自ら積極的に「好きなこと」や「心地いいこと」を見つけ出そう!という意識が高まり、常に「いいこと探しの癖」が身につくようになります

もし、それでも頭の中がネガティブで埋め尽くされてしまった時は、そのネガティブな感情を一通り書いた後に、「この悪い状況の中で、いい部分を絞り出すとしたら何だろ。。」と、それも書き出してみてください。

例:車が古いけど、新しい車を購入する余裕がない。 ⇒ 一度も故障したことがないし、運転しやすい。

こうした『解釈の仕方』を変える作業だけでは、ワクワクを感じることができないかもしれませんが、それまでずっと「憂うつ」や「失望」の感情でいたのであれば、少しでも「満足」「楽観」に近づくことができるはずです

そしたら、次の段階では、再び、いい気分でワクワクするような行動に移ることができます。

ぜひ、早速今日から、目の前の『小さな幸せ』に目を向ける習慣を作っていきましょう。

『ワクワク!』引き寄せの法則は全て漫画で学びました。

みなさん、こんにちは!ツイてる坊主です。

本日は、『「引き寄せの法則」を漫画で学ぶメリット』についてのお話です。

私は本を購入する時に、なるべく頭の中でイメージしやすい「漫画形式」のものを選ぶようにしています。

特に、引き寄せの法則に関しては、文字だけだとなかなかわかりづらい部分も多いので、イラストでわかりやすく描かれている本があると、ものすごく助かるんですね。

ちなみに、今まで読んできた引き寄せ関連の本で、一番のおススメは「ワクワク! マンガで引き寄せDreams Come Trueレッスン」です。著者はいのうえむつみさんという方。

とても内容がわかりやすいのはもちろんのこと、本当に「引き寄せで人生を変えたい!!と思っている人」に向けて、丁寧に創られているのがよくわかりますし、だからこそ、全体を通じてたくさんの「愛」が伝わってきました

これなら活字が苦手な方でも、ほぼ全てがイラストの漫画で描かれているので、楽しく引き寄せを学ぶことができると思います。
.
.
私自身、引き寄せの法則を学んでも、なかなかその効果を実感できないと、「今の自分のどこが間違っているんだろう」と、少しモヤモヤした気分になることがあります。

そんな時は、『エイブラハムの感情スケール22段階』を、いつも目にする場所に貼り付けておくと、とても便利です。

引き寄せの法則とは、「今の自分が出している心の波動」が、宇宙に届き、『未来の自分自身に返ってくる』というもの。

つまり、今、あなたの身に起こる「いい現象」も「悪い現象」も、その全ては、過去にあなた自身が選択した「心の状態」が創造したものなんですね

この「引き寄せの力」をうまく活用するためには、下記の22個を日常生活で確認しながら、随時『今の気分』に気付き、少しでも上に近づけていく必要があります。
.
.
【エイブラハム 感情の22段階】

1.喜び、大いなる気づき、自信、自由、愛、感謝
2.情熱
3. 熱意、やる気、幸せ
4.ポジティブな期待、信念
5.楽観
6.希望
7.満足
8.退屈
9.悲観
10.ストレス、いらだち、短気
11.戸惑い
12.落胆
13.疑い
14.心配
15.非難
16.失望
17.怒り
18.復讐
19.敵意、激怒
20.嫉妬
21.自信喪失、罪悪感、自己卑下
22. 恐れ、苦悩、憂鬱、絶望、無気力
.
.
あなたは今、自分自身が、どの段階の感情だと感じていますか?

また、これまでの人生で、どの段階で過ごす時間が多かったでしょうか。

もしかしたら、ずーっと長い間、下の段階で人生を送ってきた!という方もいるかもしれません。

ただ、その現状をネガティブに解釈するのではなく、「今日から一分一秒でも、上の段階で過ごす時間帯を増やすぞ!」と決めることが大事。

これからは、あなた自身の「意思」「決意」が試されることになります

というのも、例えば、親は子供のことを『心配』するのが当たり前と思ったり、世間では、『苦悩』『恐れ』を努力で乗り越えてこそ幸せになれる!といった、「引き寄せとは真逆の教育」が行われているんですね。

そうなると、いくら不幸をクリアしても、また次から次へと「不幸」な展開と出会ってしまいます

この現象を知らない、または信じられないが故に、多くの人は、何度も何度も、繰り返し「負のループ」を無限に繰り返してしまうわけです。

だから、少しでも上の段階で、感情をキープできるかどうかが大きなポイント。
.
.
要は、今、引き寄せの法則を全く知らない人も、そして、全く信じられない人も、必ずどこかのタイミングで、この宇宙の仕組みに気付かなければ、幸せの道を歩むことは難しいということです。

その気付きを得るために、人間は、病気、借金、離婚、トラブル、死別など、様々な経験を通じて「今という時間の尊さ」を感じるようになっています。

それでも、時に「自分には何でこんな苦しい出来事ばかり起きるの?」と思うこともあるかもしれませんが、実は、その『苦しい』という心は、その人自身が選択した感情なんですね

例えば、転んで足を擦りむいた時に、「痛い!ムカつく!イライラする!」という感情を選択することもできますが、「このくらい平気だよ♪大丈夫!大丈夫!(笑)」と、明るい感情を選択することもできるはず。

つまり、転んで足を擦りむいたことが不幸の原因なのではなく、『あなた自身の考え方に原因がある』ことに、気付かなければ、同じような状態がずっと続いてしまうことになります

神様は、あなたがすでにクリアした問題を出すことはありませんので、「またこのパターンかよ!」と思うことが多い人は、一度、今までとは違う解釈で、その物事をとらえてみるようにしましょう。