『神はからい』神様は人智を超えた存在【柴村恵美子】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの一番弟子、柴村恵美子さんの『「神はからい」あなたは神様に試されている』というお話を要約し、解説いたします。

「想像もつかないぐらいツイてる!」。この言葉を口にすると、想像もつかないほどツイてることが起きます。

これはどういう意味かというと、自分に起きること、自分が見るもの、聞くもの、こういったものの全ては、神はからいによるものなんですね。

ひとりさんいわく、神はからいというのは、自分の魂を成長させるために起きていること

つまり、自分に与えられたこの人生を楽しく生きるために、そして、あなたが今よりもっと幸せになるために、神様が起こしてくれていることなんです。

それでも人間は、何か問題が出てくると、ネガティブな気持ちになり、怒りや悲しみの感情に支配されることがありますよね。

ただ、一ついえることは、神様が考えることは、人間の想像をはるかに超えているということ

例えば、あなたに「これは困ったな?どうしよう。。」と、そう感じる出来事があったとします。

実は、それが必ずしも、「天罰」や「神の制裁」というわけではありません。

では、神様は何のために、あなたに試練を与えるのでしょうか。

その理由は、あなたの魂を成長させるため。今のあなたならどうするのか、神様から絶妙なタイミングでテストされることがあるのです

だから、何か問題が起きた時に、自分では困ったと思っていても、魂は困っていません。

むしろ、自分の中にある魂は、「順調です!」と言いながら、魂の成長過程を順調に進んでいます。

しかし、おそらく、9割の人はこの話を受け入れることが難しいのではないでしょうか。

もしかしたら、こんなに問題が起きて困っているのに、順調に進んでいるだなんて、「ふざけるな!いい加減にしろ!バカにするな!」と、罵声を浴びせたくなる気持ちになる方も、いるかもしれません。

確かに、一体どこが「神はからい」なのか、全くわからないよ!と、そう思ってしまいますよね。

でも、大丈夫です!わからなくても一切、心配はいりません。

大いなる神のおはからいは、「人智を超えているもの」。人間の理解をはるかに超えているのです。

なので、神様が何を思って、この出来事を起こしているのか、わからなくても構いません。

ただ、神様が、あなたに罰を与えようとして、困った問題を出しているわけではない!ということは忘れないようにしましょう。

自分に起きる困った問題は、自分の魂を進化・向上させるためのものであり、『神様の愛』です

だから、「想像もつかないぐらいツイてる!」と言っていると、神様は、「この人に奇跡を起こしてあげよう♪」と思うんですね。

その代わり、今困っていることが、本当は想像もつかないぐらいツイてることだった!というのは、後からわかることが多いです。
.
.
以前、柴村恵美子さんが、イタリアのミラノから日本へ帰る時に、お店の中で財布を盗まれてしまうという出来事がありました

こういったことがあると、たいていの人は、大きく動揺し、不安とショックで立ち直れないだけでなく、しばらくは「地獄言葉」を言い続ける日々が続くのではないでしょうか。

起きた出来事に対して、愚痴や悪口、そして、恐怖心が芽生えてもおかしくはありません。

ところが、この出来事、ツイてることだったんです。柴村さんにとって、まさに、想像もつかないぐらいツイてることでした。

お店で財布が盗られたことに気付いた時は、一瞬、頭が真っ白になった柴村さんでしたが、「盗られた財布にエネルギーをとられるのは嫌、心までは盗られたくない!」と強く思ったのです。

そして、「この世には、困ったことは起こらない!」という、ひとりさんの教えを思い出し、心の中で唱えました。大丈夫、大丈夫、大丈夫!!

その時、日本に帰国するまで、どんなことにお金を使うかを、冷静に考え出しました。

必要なお金は、買い物の代金だけ。移動につかうタクシー代は、同行してくれている人が貸してくれる。その日のディナーは招待なので、買い物の代金さえどうにかなればいい。

次に、柴村さんは、自分の会社の本部に電話をかけ、「カードをとめてください」とお願いをした後、お店の人にこう言いました。

「代金は、日本から振り込むことは可能ですか?品物は、後で日本に送ってもらえばいいですから。」

すると、お店の人は、振込も品物の発送も許可してくれたんだそうです。

そしたら、なんと、関税の関係で「税金が戻ってくる」という、想像だにしなかった「ツイてる」ことが起きたのです

このように、自分が言った肯定的な言葉が「いい現実」を作ります。
.
.
また、柴村さんは数年前にも、置き引きの被害に遭っていて、その時は、スーツケースを丸ごと盗られてしまったんだそうです。

しかも、被害総額は目が丸くなるほどの、かなりな額。

この時は、さすがの柴村さんも、「どうしよう、どうしよう」と、ひどく落ち込んでしまいました。

というのも、金額もさることながら、そのスーツケースの中には、大切なものが入っていたからです。

それは、柴村さんが、初めて稼いだお金で買った宝石

この出来事に対して、自分はどう対処すればいいのか、最初はなかなか頭が動きませんでした。

気持ちを落ち着かせても、どうしても最悪の展開が頭に浮かんできてしまいます。

しかし、これではいけないと思った柴村さんは、『ツイてる』という言霊を何度も唱えました。

すると、気づいたのです。自分は悔やんでばかりいる。落ち込んで、イライラして、気をとられてしまっている

自分の心のことは自分がなんとかしなきゃいけない。心まで盗られるのは絶対に嫌だと、強く思いました。

そして今度は、「想像もつかないぐらいツイてる!」と唱えました。

すると、肩にかけていたショルダーバッグのなかに現金があったおかげで、柴村さんはご飯を食べることができ、サウナに入ることもできたのです。

そしたら、次から次と、ありがたいものが思い浮かんできて、怒涛のごとく感謝の気持ちがあふれ出てきました。

これまで、六畳一間の木造アパートに住んでいた自分が、高価なものを買えるぐらいお金を稼げるようになった。

会社は無借金経営でうまくいっている。体は健康でどこも悪くない。

だから、「体一つあれば、何でもできる!」と、自信満々な自分が戻ってきたのです。

被害総額はかなりの額なのに、何も困らない自分がいる。自分は困ってなんかいない。そう思った時、ひとりさんの顔が頭に浮かびました。

「問題が起きても困らないよう、こう考えてみたらどうだい?それがダメなら、別のこのとらえ方はどうかな?」

いろいろなとらえ方、考え方を教えてくれたひとりさんのおかげで、今の自分がいる。ありがたい。

また、女手ひとつで育ててくれたお母さんのおかげで、商売のことや指圧のこと、いろんなことを学ぶことができた。

そして、自分についてきてくれたスタッフのおかげで、お客さまから、たくさんのありがとうを集めることができている。

こうして全てに感謝できた時、柴村さんは、初めて自分を褒めることができたのです

このように、人は、『感謝の波動』で奇跡を起こすことができます。

あなたの身に起きた、どんな失敗や困った出来事も、それは魂を成長させる階段なのです。
.
.
最後に、柴村恵美子さんが、イタリアから日本に戻るときに体験した、言霊の奇跡について。

イタリアを発つ日、なぜか柴村さんは、朝の3時半ぐらいに目が覚めてしまいました。

予定では、8時半ぐらいにホテルを出るつもりでしたが、何だかわからないけど、早く空港に行こうと、そんな直観がしたのです。

そして、予定を変更して早めに空港へ到着。

空港でお土産を買ったり食事をしたりして、あとは飛行機に乗るだけと思っていたら、出国手続きをしなくてはならないことが判明したのです

しかも、その手続きをしようと思ったら、ものすごい行列で、このまま順番を待っていたら飛行機に間に合わない!

でも、その時も「大丈夫」。この言葉を自分に言い聞かせていました。

そして、前のほうに並んでいた方に「こんにちは♪」と、さも友だちであるかのように声をかけ、早々と手続きを終え、ギリギリ飛行機に乗ることができたのです。

ところが、その後、また神様に試されていると思う出来事が起きました

柴村恵美子さんたちは、イタリアを発った後、一度ロンドンを経由して日本へと向かう予定でした。

イタリアからロンドンへ向かう飛行機に、無事に乗れて、ほっと一息ついたのも束の間。

その日、ミラノは小雨が降っていたのですが、飛行機に乗った後、雲行きが怪しくなり、小雨から小雪になったかと思ったら外は猛吹雪。

飛行機は出発が1時間遅れ、ロンドンで乗り継ぐ予定の飛行機に乗れないかもしれない。

そういった中、柴村さんはいつものように、「大丈夫、大丈夫、大丈夫」と、この言霊を100回言いました。

100回目の大丈夫を言い終った時、快晴のイメージが頭にパッと出ました。飛行機が快晴の空を飛ぶところを想像したのです

「大丈夫!」と言いながら想像し、それから10分ほど経った頃、窓の外を見ると、猛吹雪は小雪になり、除雪作業も終わり、イメージ通りの快晴で、無事に飛行機はイタリアを飛び立ちました。

ロンドンでの乗り継ぎは間に合い、無事に日本へ到着。

おそらく柴村恵美子さんは、仮に、そこで飛行機の乗り継ぎがうまくいかなかったとしても、自分に都合のいい最高の未来を想像していたことでしょう

あなたも、ぜひ、普段から、自分にとって都合のいい展開を想像してみてください。

起きた出来事は同じでも、全く違うとらえかた、考え方ができるようになるはずです。

そして、不安な気持ちになった時は、いつでもどこでも、「大丈夫、大丈夫、大丈夫」「想像もつかないぐらいツイてる!」。この言霊を何度も唱えるようにしましょう。

自分も他人も神様が創造した最高傑作【柴村恵美子】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの一番弟子、柴村恵美子さんの「存在する価値のない人間は一人もいない」というお話を要約し、解説いたします。

まず、魂の成長となる第一歩は、自分を愛することです

自分よりも他人を愛したいと思うかもしれませんが、まずは自分です。

例えば、今、自分の目の前に、お腹をすかせている人がいるとします。あなたはその人に空腹を満たすものをあげたい。

でも、その時に、あなたが食べ物も何も持ち合わせていなかったら、その人のお腹を満たしてあげることができませんよね。

これは、自分と縁のある人たちに、愛をもって接するときも同じです。自分の中に愛がないと、目の前の、この人に、愛を出せないんです

もちろん、本当は誰の心にも愛はあるんですよ。

それが、過剰な心配、不安、恐れを持つと、人は、自分の中にある愛を見失ってしまうのです。

しかし、本来は、人は誰でも自分らしく生きれば幸せになれる生き物。

人は皆、一人一人が、神さまの最高傑作なので、あなたは、あなたのままで大丈夫

あなたは、自分ではない何かにならないとダメなんだ!と誤解していませんか?

中には、周囲の期待に応えなきゃ自分は愛されない!とか、何かができるようにならなきゃ、将来、自分は大変なことになる!と、思い込んでいる人もいます。

でも、幸せで豊かに生きる道は、決して、今あなたが「絶対!」と信じ込んでいる、その道一つだけではありません。

少しだけ視野を広げて、周りを見渡してみると、実は他にもたくさん道はあるのです。

そこに気付かないと、一生懸命がんばっても結果が出ないたびに、「自分は存在する価値のない人間だ!」と、自分を否定してしまうことになるんですね。

しかし、この世の中に、存在する価値のない人間など一人として存在しません

人間は完璧ではないので、間違いや失敗をしてしまうこともあります。

その代わり、人間は、自分の人生がよりよくなる「知恵」を身につける力、これを授かった上で生まれてきています。

だから、自分が間違いをおかしたからと言って、自分はやっぱりダメな人間なんだと、自分を責めたり、罪悪感を感じてしまう必要はありません

自分を許せなかったり、受け入れることができなかったりすると、人のことも受け入れることができなくなってしまいますからね。

柴村恵美子さんは、あまり「私はできる」とは思えないそうですが、例え、自分が間違いをしでかしたり、自分の未熟さを見ることがあっても、自分を許す、受け入れることはできるんだそうです。

どんな自分も、ゆるす愛で、自分自身を包みこんであげられるようになった時、目の前にどんな人が現れても、あなたは愛をもって、その人と接することができるようになります

では、具体的に、どうやったら自分を愛せるようになるのでしょうか。

まずは、焦らないこと。そんなに急に、考え方が変わるわけではありませんからね。

「自分のことを好きになろう!」と強く願う人ほど、その「自我」によって、自己否定が強くなりかねません。

それよりも、『そのままで大丈夫!』と、一日100回唱えることから始めてみてください

柴村恵美子さんいわく、そのままで大丈夫!は、ひとりさん直伝の魔法の言霊。

柴村恵美子さんは、この言霊を唱えていると、自分を許せない自分のことも、優しく抱きしめて受け入れてくれるような、そんな、大きな愛を感じるんだそうです。

『そのままで大丈夫!そのままで大丈夫!そのままで大丈夫!』

このように、ぜひ、毎日唱えてみてくださいね。

自分を愛するとは、自分をゆるす愛だけではありません。他にも、「自分らしく生きる」ということも愛です。

あなたは、自分自身のことを、どういう人だと思っていますか?あなた自身が、これが自分だ!と思っている自分は、果たして本当の自分ですか?

というのも、実は、これが自分だ!と思っていることが、必ずしもそうではないからです。

例えば、どうせ自分はあれもこれもできなくて、と、自分を否定する言葉をよく口にする人は、幼い頃に、そのままの自分ではダメなんだ、という、自己否定の観念を刷り込まれてきたのです

いい妻、いい母、いい夫、いい人、いい子、女性らしさ、男性らしさなど、親や周りの人々に、期待された役割を演じようとしている自分のまま、これまで生きてきたのかもしれません。

しかし、それは、自分らしくいきている状態ではないんです。でも、大丈夫。自分らしさを取り戻す方法はあります。

まずは、この質問を通じて、自分自身と対話をしてみてください。

明日で現世の人生が終わってしまうとしたら、何を食べたいですか?お寿司屋さんで、お寿司を一個だけしか食べちゃいけないとしたら何を頼みますか?

なぜ、このような自分との対話が必要かというと、「自分が好きなもの、好きなこと」を知る必要があるからです。

親や周りの人々に、期待された役割を演じようとしているうちに、自分の思いや、自分の気持ちに、自分自身が気づいてあげられなくなった。そういう人が多いです。

だから、今一度、自分の好きなものってなんだろうと、心の声に耳を傾けてみること。

これは、どんなことにも応用できるので、ぜひ、やってみてください。これは、本当に自分が食べたいものだろうか、これは、本当に自分が着たい洋服だろうか

ちなみに、柴村恵美子さんは、ひとりさんと知り合ったころ、こういったことをよく言われたんだそうです。

「今、言ったことは本当かい?本当は何がやりたいの?本当に自分がやりたいことをやりな。どんどんやりな。」

それで、柴村恵美子さんは、自分のやりたいこと、好きなことをやってこれたのです。

実は、もともと、柴村恵美子さんは、事業家になりたかったわけではなく、ひとりさんと知り合った頃は歌手になりたかったんだとか。

あなたもきっと、本当の自分と出会うことができるはずです。

『白光の誓い』神様と共に歩む成功の道【柴村恵美子】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんの一番弟子、柴村恵美子さんの『「白光の誓い」神様と共に歩む成功の道』というお話を要約し、解説いたします。

人間は、自分の夢を叶えたい望み通りの人生を引き寄せたい幸せな成功者になりたい人に愛されてより豊かに暮らしたいなど、日々、様々な思いを持ちながら生活しています。

しかし、現代では、こうした「自分の思いを実現する方法」「成功法則」がたくさんありすぎて、どれが正しいのか、何を信じていいのか、迷ってしまうこともありますよね。

柴村恵美子さんは、皆が、これから楽しく「成功の道」を歩いていけるように、全力で応援する活動を行っています。

ただ、ひとりさんも、恵美子さんも、自分たちが信じていることが正しくて、他は間違いだと言っているわけではありません。

「あなたの考え方も正しい」。でも、人の心を暗くするようなやり方で成功しても、人から嫌われてしまったら、幸せな人生とは言えませんよね。

例えば、仕事で成功したいと思っている人の中には、「仕事で成功するためには何をやってもいいんだ!」というような人もいる。

それで、人を蹴落とすようなことをしながら、その人が仕事で成功したとしますよね。しかし、その人には気を許せる友人がいなかったり、周りの人からも嫌われていたりするとします

もちろん、「自分はそういった人生でもいいんだ!」「仕事で成功さえすればそれで幸せなんだ!」という人にとっては、その方法は正解なのかもしれません。

でも、ひとりさんや恵美子さんにとって、その方法は正解ではないのです

なぜなら、「自分が幸せだと思えることが成功なんだよ」というのが、ひとりさん流の教えであり、恵美子さん自身もそういった考え方で幸せになれたから。

そもそも、周りの人から嫌われているのに、「自分は幸せなんだ♪」とは思えませんからね。

柴村恵美子さんにとって、仕事で成功したとしても、自分が幸せだと思えない方法は「不正解」なのです

成功の道というものは、人それぞれ、一人一人、微妙に異なるもの。

柴村恵美子さんは、斎藤一人さんという師匠と縁があったことで、柴村恵美子さんにしか歩むことができない、「成功の道」を歩いてきました。

だから、あなたにとっての成功の道は、過去に誰かが歩いた道ではありません

あなたが「自分に必要だ!」と思う知識を取り入れ、自分が正しいと思ったことを行い、その経験から学び、さらに改良する。そうやってできてくるのが「あなたが歩む成功の道」なのです。

そこで、その成功の道を歩む上で欠かせない、とても大切な言霊があります。

それは『白光の誓い』というもの。

白光の誓いとは、
ーーーーーー
自分を愛して、他人を愛します。
優しさと笑顔を絶やさず、人の悪口は決して言いません。
長所を褒めるように努めます。
ーーーーーー

これが「白光の誓い」です。

これを毎日10回唱えることで、神様と共に歩むことができるようになります。

ただ、いきなり全てのことができるようになるわけではないので、最初は、笑顔を絶やさないだけでも素晴らしいことです

また、今まで人の悪口ばかり言ってきたのであれば、まずは、人の悪口をやめること。

その際に、頭の中で、どうやったら自分は変われるのだろうかと、気を揉んではいけません。

白光の誓いを毎日、口にできるようになっただけで、すでにあなたの心はいい方向に変化しているのです。

しかし、我の強い人ほど、「具体的な方法論」を自分で見つけ出そうとする傾向にあります。

そういった我の強さの発端は、自分を許せない、他人を許せないという気持ちから生まれるものなんですね

だから、あなたが自分のことも、他人のことも愛せないのであれば、あなた自身が、たくさんの許せないことを抱えている可能性が高いのです。

では、一体、どのような方法で、『許せない』という感情と向き合っていったらいいのでしょうか。

実は、具体的なテクニックというものは、存在しません。ただ、一つだけ解決の糸口があります。

その、唯一の解決策とは「言霊の力」を使うこと。

頑固で我の強い人は、毎日、「そのままで大丈夫!」、または、「許します」この言葉を1日100回唱えるようにしましょう

白光の誓いを唱えるのは、それからでも構いません。

穏やかで気軽な気持ちになってきたところで、今度は、白光の誓いを1日10回ずつ口にすること。

自我の強さで生きていた時は、苦しかった心が、「自分を愛して、他人を愛する」ことで、幸せな心になっていきます。ぜひ、行動に移してみてください。

最後に、自分に厳しい人とは、他人にも厳しい人です

言霊の力を使うといっても、これを、苦しい努力にしてはいけません。自分に優しく、他人にも優しい人間になる。そのために、楽しく気軽に、笑顔で実践するものですからね