人生の全てはシナリオ通りに進んでいる【小林正観】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬している、小林正観さんの「人生の偶然は全てシナリオ通りの定め!!」というお話をしていきたいと思います。

おそらく、多くの方はこの「地球」も「人間」も「起こる出来事」も、全ては偶然の現象だと思っているでしょう。

神様や必然というのは証明することが難しいものですし、明らかに「え?こんな偶然ってあるの?」と思うような経験をしたとしても、「でも、たまたまだよね。。」と、そう解釈することしかできません。

ところが、小林正観さんが40年以上もかけて「超常現象」や「超能力」などを研究してきた結果、「人間は生まれてから死ぬまでの全てをシナリオに書いてきた」という結論に達したのです。

つまり、この世に誕生する前の段階で、親を選び、住む国や家、名前、何才で何が起こる、誰と出会う、自身の決断、就職先など、こういったことを事細かに決めた上で、生まれてきているということ。

この話は本当に信じられない内容だと思います。もし、何だか怪しいなと感じてしまった方は、おとぎ話のようなものだと思って気軽にとらえるようにしてください。

個人的には、斎藤一人さんや小林正観さんの大ファンなので、この話を本気で信じています。

ただ、こういった話というのは、自分があの世に還るまで確信を持つことができないものなので、人に教えたり広めたりしても、ほとんどの方が納得することはないでしょう。

一番大事なことは、この話に対して「詐欺だ」と切り捨てるか、それとも「自分の人生にプラスに生かす考え方はできないだろうか」と解釈するか

例えば、この世の全ての現象がシナリオ通りだと仮定すると、過去の人生で、自分が決めた選択や判断に対して、一切、悔やむ必要がなくなりますよね。

だって、予め決まっていたわけですから、『全ての選択、全ての判断が正しかった!』ということになります。

また、未来に対しても、極端に心配したり、不安を感じたり、クヨクヨ悩んだりせず、人生のシナリオは決まっているのだから、「きっと何とかなる」「大丈夫」「やれるだけやろう」「なるようにしかならない」と、こういった考え方ができるのではないでしょうか。

このように、何か人から面白い話を聞いた時、それをうまく活用するためには、『自分に都合よく考える癖』を持つと、毎日が楽しくなってくるものです。

中には、成功者と呼ばれる先駆者が、「自分に幸せやご褒美をもたらしてくれる!」と思い込んでいる方もいるようですが、受け取る側の人間に「拒否する心」や「疑う心」があれば、どんなにいい話も活かすことができません

だから、その話が事実かどうか、正しいかどうかを見極める目も大事ですが、それよりも、今日からその話を「どうやって毎日の生活に楽しく取り入れていけるだろうか」という目を持つことも大事なのです。

何か、本を読んだ時も、講演会に参加した時も、その人を批判したところで、あなたには何一つ得がありませんからね。

むしろ、地獄言葉の五戒「愚痴・不平不満・泣き言・文句・悪口」を言えば言うほど、自分の人生が不利な状況に追い込まれていくことになります

このことに気付いた人は、家族、友人、仕事、社会などに対して、「自分が損することはやめよう!得になることだけをやればいいんだ!明るく解釈して有利な状況を作っていこう!」と、そういう生き方ができるようになるでしょう。

それでも、自分の人生がうまくいかない、どうしても悩み苦しみながらの生き方しかできません!という方であれば、意識することはこの一つだけ。

『念を入れて生きる』

この言葉だけを頭の中にとどめて、毎日を過ごしてみてください。

小林正観さんの「念を入れる」という教えは、一般的にいわれているような「念じていれば願いが叶う」とか、そういった類のものではありません。

『念』という字を書く時は、「今」の「心」と書きますよね。

つまり、念じるというのは、ただひたすら、今の心を大事にする心のことを示しているのです

毎日が苦しいと感じているあなたは、「今、目の前にいる人」を大事にしていますか?

そして、「今、自分がやるべきこと」を一生懸命、大事にこなしていますか?

この人生で、強く念じる場面があるとするなら、それは昨日のことでもなければ、明日のことでもありません。常に、今の心だけです。

もし、本当に、自分が決めたシナリオ通りに生きて、シナリオ通りに死んでいくのであれば、もうこれ以上、ジタバタすることに意味はないのです。

例え、到底受け入れられないような出来事が起きたとして、「なんで自分だけこんな思いをしなきゃいけないんだろう」と感じたとしても、全ては仕方がないこと。

全ての答え合わせは、あの世に戻った時にしかできません。きっと、「偶然」だけでは片づけることのできない、何らかの「必然」があるのでしょう。

『きくあの法則』幸せを手に入れる唯一の道【小林正観】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬している、小林正観さんの「きくあの法則」というお話をしていきたいと思います。

まず、「き・く・あ」とは何のことかというと、競わない・比べない・争わない。この3つのことを指しています。

ちなみに、これは小林正観さんの造語なので、一般的に知られている言葉ではありません。

日本では学校でも社会でも、人が評価される時は必ずといっていいほど、「き・く・あ」とは真逆の考え方が基準になっています。

要は、周囲の人よりも力をつけて一歩でも二歩でも先を進み、他人よりも抜きんでることで「えらいね」「立派だね」と、そういった評価を受けながら育ってきたのです。

その結果、人との勝負に勝ち続けることが、この競争社会を生き抜き、幸せを手に入れる唯一の道であるという、間違った価値観が定着してしまいました。

もちろん、その道を信じて努力をし、見事に成功を収めた方もいると思いますが、常に上には上がいるもので、どちらかというと、何かと「劣等感」を感じながら過ごしてきた人の方が多いのではないでしょうか。

社会に取り残されないように、落ちこぼれないように、勝つ努力を続けなければならないと。。

でも、本当はそんな努力をしなくても、人間一人一人には価値があるのです

努力は努力でも他人との比較ではなく、今のあなたから一歩、前に前進する努力をしなければなりません。

例えば、「笑顔・口癖・話し方・外見・考え方」など、本を読んで勉強したり、実際に少しずつ経験を積みながら、過去の自分よりも10年単位でちょっとでもましになればいいんですね

慌てず、焦らず、急がず、長期目線でジワーッと小さな改良を続けていけば、どんな人だって確実に成長を遂げることができます。

そもそも、人間は価値があるから生き抜くのではなく、生き抜くことに価値がある。つまり、「こうして今を生き抜いている」というだけで、すでにあなたには価値があるのです。

「人間は生き抜くことに価値がある」「これまで生き抜いてきただけでえらいし立派である」。このことを忘れないでください。

そして、人と競い合って自分のためだけに生きるのではなく、人が喜ぶ顔を見ることに幸せを感じられるように、今の自分から一歩前に足を踏み出すこと

また、人の優しさや好意に対して、素直に「ありがとう」と受け入れ、いつも温かい心で感謝の言葉を使うようにしましょう。

今日、あなたは「き・く・あの法則」を知りました。知った以上は実践あるのみです。

競うこと、比べること、争うことではなく、人が喜ぶ顔を無上の喜びとし、温かい心で素直に感謝の言葉を使う。この生き方こそが、『幸せを手に入れる唯一の道』です。

ただ、時にそういった意識で生活をしていても、「あの人がうらやましいな。。」「周りの皆は何をやっても器用ですごい。。」と、劣等感を感じることがあるかもしれません。

そんな時は、少し視野を広げて違う角度から見てみると、全く異なる解釈をすることが可能です。

例えば、職場ではいつも元気で幸せそうな人であっても、何か家庭の事情で苦労しているかもしれませんし、人には言えないような悩みを抱えていることもあるでしょう。

また、今は若くして成功を収めている人も、ある日突然、事故や病気によって人生が一変することだってありますよね

そういった見方をすると、あなたの人生にも必ずストーリーがあって、もしかしたら長期的に努力を積み重ねることで、最後の最後に、最高の形で一花咲く人生が待っているのかもしれない。

もしくは、自分ではまだ気付いていないだけで、じっくりと過去を振り返ってみると、例えば、「あの時代は苦しかったけど、味方になってくれる仲間が一人でもいて、それによって正負のバランスが保たれていた」ということもあるでしょう。

さらに、過去にいじめを受けた人の場合は、いじめた人を恨むこともできますが、「自分をいじめなかった人」に対して、一度感謝の気持ちを持ってみてください。

これはどういうことかというと、例えば、美味しくないと感じる食べ物と出会った時に、愚痴や不満を漏らす人は、普段おいしいものを食べても、あまり感謝の気持ちを持てない人なんですね

要は、日頃から「影」ではなく「光」に焦点をあてて生きている人は、「どんなことがあっても光の人生を送るんだ!」という覚悟が決まっているのです。

確かに、苦しいこと・悲しいこと・悔しいことと向き合うことは正しいように感じますが、「正しい=幸せ」なら、皆すでに幸せになっているはずです。

理屈通りに考えてうまくいかない時は、「その理屈が必ず間違っている!」ととらえるようにしましょう。

実際のところ、マイナス思考の苦労と向き合った先に待っているのは、さらなる苦労です

幸せに生きるためには、楽しいこと・幸せなこと・気軽なことに目を向けて、日々、そこに意識を向け続ける訓練をしていく必要があります。

つまり、『絶対に幸せな人生を送るんだ!!』という強い覚悟!

これを持つことで、外部から得た知識や情報に右往左往したり、判断がブレて間違った道を迷走することなく、着実に幸せな道を歩むことができるようになるでしょう。

地獄言葉の毒を吐くデメリットと回避法【小林正観】

こんばんは、ツイてる坊主です。

本日は、斎藤一人さんが尊敬している、小林正観さんの「過去に口にした地獄言葉をリセットする方法」というお話をしていきたいと思います。

あなたは毎日、天国言葉を口にしていますか?それとも地獄言葉を口にしていますか?

天国言葉とは「ツイてる・うれしい・楽しい・感謝してます・ありがとう・ゆるします」など、自分の心に灯がともり人の心にも灯がともる言霊のこと。

一方、地獄言葉とは「愚痴・不平不満・泣き言・悪口・文句」など、自分の心も人の心も灯が消えてしまうような言霊のことです。

ちなみに、小林正観さんによると、この5つのことを『五戒(ごかい)』というんだそうです。

この五戒をいつも口にしている人には、次から次へと不幸な出来事が起きてしまいます

また、いくら普段から「ありがとう」という言葉を口癖にしていたとしても、それと同時に五戒も口癖になっているのであれば、プラスマイナス0となり相殺されてしまうので十分注意しましょう

地獄言葉を言うことが自分の人生にとってどれだけ「損」をすることになるのか、そのことをちゃんと頭で理解している人は、基本的には地獄言葉を言わなくなるはずです。

ただ、その時の気分や感情で、ついつい地獄言葉の毒を吐いてしまった場合は、「今のは無し無し!間違いです!」と言って取り消すこと。

これによって、今まで積み上げてきた「ありがとう」がリセットされずに済みます

というのも、地獄言葉を言っていることが「悪」である!ということに気付いているだけで、すでにあなたの魂は一つ上の段階に成長しているんですね。

それが中には、地獄言葉を言った後も「俺が正しい!何も悪くない!」と、何の反省もせず、平気で周りの人の心を暗くしながら、毎日を生きる人もいるわけです。

だから、「今のは無し!無し!間違いです!」と地獄言葉を反省することができる人は、ちゃんと取り消しができるので、それ以降は天国言葉だけを言うようにすれば大丈夫!

天国言葉「ありがとう」には不思議な力があります。

小林正観さんいわく、心を込めなくてもいいので「ありがとう」を25,000回言うと、短い人で1時間、長い人で3時間ほど、とめどなく涙が流れてくるんだそうです。

そして、さらに25,000回言い続けると「楽しい奇跡」が起こり始めるんだとか

それは例えば、病気や事故やトラブルなどのマイナスな出来事が起きにくくなるだけでなく、自分一人の力ではどうすることもできなかった問題が解決したり、心から人に感謝できるようになったり。

その代わり、25,000回に到達する前に、途中で地獄言葉の五戒を口にしてしまうと「ありがとうの効果」が薄れてしまうとのこと

私の場合は8つの天国言葉のほかに、7~8ヶ月ほど「私は愛と光と忍耐です」や「アメノミナカヌシ様お助け頂きましてありがとうございます」などの言霊を、毎日100回ずつ唱えていた時に『涙』が止まらなくなる時期が来ました

その時の感情としては、これまで一生懸命頑張ってくれた自分の体に対する感謝の気持ちや、今までいろんなことがあったけどここまで生き抜いてこれた喜び。

また、過去に自分を助けてくれた人への恩、お金や食べ物や身近な一つ一つの物に対する感謝の心などが一気に沸いてきました。

私はこの経験から、人間には「生き方」と「考え方」だけでなく、『思い方』も大事な要素なんだなと気付くことができました。

思い方というのは、例えば、気の合わない人が目の前に現れた時、「この人のせいで今自分はイライラしている」と思うこともできますが、「別に気にしないし平気!平気!」と思うこともできますよね

つまり、周囲の人や物事に原因があるのではなく、いつどんな場面においても「自分の思い方次第で人生は決まるんだ!」ということがわかってしまえば、いくらでも『ありがたいこと』に目を向けて、感謝の気持ちに焦点をあてることができるということ。

どう生きるか、どう考えるか、そして、どう思うかです。この「思い方」の大切さに気付くだけで、これまでとは全く違う「幸せの感覚」を味わうことができるようになります。