あなたは高価な商品を購入した後に、つい気の緩みで他のものも買ってしまったことはありませんか?

テンション・リダクション効果とは「ついで買い」をしてしまう心理のことをいいます。

もちろん販売者側はそのマーケティング手法を把握した上で様々な戦略を練ります。

例1:これを購入した人はこのような商品も購入しています。

例2:あと~円の購入で送料が無料になります。

例3:あと~個(円)の購入でポイントが○倍になります。

このように、普段なら気にならないことでも、思い切って高い買い物をする時は心理的に緊張が伴っているので、ついで買いをしたくなってしまうものです。

個人的にもそういった経験はあります。

そこまで高い商品ではなくても、せっかくだからコレも買っちゃおうかな!と。。

amazonのカート確認画面でもそうですし、買い物をしない場面でも、例えばYOUTUBEの関連動画は嫌でも気になってしまいますからね。

通販だとやはり「この商品を購入した方へのおススメ」が表示されていると、少なからず目にはとまります。

購入した後というよりも、購入を決めて決済ボタンを押す直前についで買いを考えることが多いように感じますね。

「欲しい物が手に入る喜びの感情」がそういったテンションの高まりを生み出しているのは間違いないです☆

ビジネスをやられている方は是非、販売者目線でマーケティングに活用してみてください^^