副業で十分な利益を上げられるようになると、会社員を卒業して個人で生活していきたいと思うようになります。

そこで一番大事なことは「一人でスタートを切ること」です。

ビジネスパートナーと一緒に事業展開するという選択肢もありますが、0にいくつ掛け算をしても0にしかなりません。

また、相手への期待感や依存心から、お互いに全力を出せない状況になることもあります。

最初は一人でやってみて、力がついてきた段階で自分よりも上のレベルにいる人と組むことが大事。

いざ独立してみると、意外と国民年金や国民健康保険への切り替えて続きなど、細かい知識も1から学んでいくことになります。

今までどれだけ会社に守られてきたのか、そういったことにも気付かされるでしょう。

とはいえ、会社組織に属した環境の何倍ものメリットがあるからこそ、自営業に魅力を感じるわけです。

☆毎日ストレスフリーな状態で自由に行動できる

☆滞在期間を気にせず海外旅行にも行ける

☆おいしいものを好きなだけ食べられる

いつの間にか封印していた欲求を一つ一つ満たしていくことができるのです。

もちろん家族を助けたり、社会に貢献していくことを考える時間もあります。

個人的に副業から本業へ転換するタイミングは、一つの収入源が給与を上回った段階で問題ないと思います。

理想的には2つ3つの収入源があればより確実ですが、自営業に踏み切った後の方が新しいアイディアを生み出す時間、行動する時間があるのでクリエイティブな作業がしやすい環境にあります。

給与+副業で十分な人はそれでもいいと思いますが、自由に憧れを持っている人は思い切って本業に転換してみましょう☆