あなたはネットビジネスやアフィリエイトというワードを聞いただけで「詐欺師」という嫌なイメージを持っているかもしれません。

実際のところ、一部の人間とはいえ詐欺師がいることは事実です。

私も情報商材や高額塾で明らかに詐欺的なものに手を出してしまったことがあります。

その詐欺師の頭の中はどのような構図になっていると思いますか?

多くの詐欺師は「信頼の先読み」をしています。

例えば、あなたが「セミナーを開催する人に悪い人はいないだろう」と思っているとするなら、詐欺師はその先を読んで「だからこそ信頼してもらうためにセミナーを開催しよう」と考えます。

また、あなたが「母親の顔を出して思い出話を語る人は素敵な人」という概念を持っているなら、詐欺師は先読みで「思い切って母親を顔出しして信頼を得よう」と考えるのです。

つまり、一歩も二歩もあなたの思考は先読みされているということなんです。

人の話をすぐに信用してしまう方は特に注意して頂きたいと思います。

もちろん、全ての人がそういう意図で動いているわけではありません。

ただ、少なくとも「あなたに信頼されるため」に全力を注いでいるのか、「本当にあなたのために全力を注いでいるのか」、その違いを見抜く目は持つべきだと感じます。