ネットビジネス界で有名なあの松宮義仁さんが手掛けるICO案件「NAGEZENI」がついに上場することになりました。

上場予定日は11月11日で取引所の名前はまだ未公開です。

仮想通貨のICO案件は、今年に入ってからICO割れしまう状況が続いていますよね。

プレセールで買った価格よりも上場した後の価格が低くなってしまうものが多く、中には上場直後に1/10以下の価格にまで下落してしまったものもあります。

主な要因となっているのは通貨相場全体の下降トレンドが長い間続いていることで、ビットコインに連動する形で、アルトコインの価格も下落している状況です。

どれだけ素晴らしいコインを開発したとしても、どれだけすごい材料が揃っていて大手取引所に上場したとしても、現状においては仮想通貨の時価総額が非常に低く、市場全体が冷え込んでいるので、一つの通貨だけが大暴騰することは考えにくいです。

とはいえ、ビットコインも約8年、イーサリアムも約2年という期間を経て、価格が高騰してきましたので、「ICO+上場=ゴール」というわけではなく、上場をスタート地点と考えて長期保有するのがベストなのかもしれませんね。

今年だけで考えると、過去3年間のビットコインのチャートを見れば分かるように、年末にかけて上昇する傾向にあるので、松宮さんのICO「NAGEZENI」に限らず、すでに上場しているアルトコインにおいても、ビットコイン価格が上昇するかどうか、そこが運命の分かれ道ということになるでしょう。