「カリギュラ効果」とは、禁止されたものをやってみたくなる心理のことをいいます。

例えば、「このことは誰にも言わないでね」とか「絶対にネットで検索しないでくださいよ」と言われると、なぜか逆にそれを行動してみたくなりますよね。

そういった人の欲求をうまく活用した手法でマーケティングに活用されることもあります。

つまり、何かを禁止されるとそこに自然とストレスを感じ、強い欲求が湧き上がってくるのです。

「禁止、限定、秘密」といった言葉に対して、もやもやした気持ちになり、つい衝動買いしてしまった経験をしたことはありませんか?

テレビ番組での「ピー音」なんかも気になってしまいますよね。

ありとあらゆる手を使って調べてやろうとか、手に入れたい!という欲求がジワジワと増幅してきます。

こうした「カリギュラ効果」をビジネスの中で取り入れることは決して難しいことではないので、一度試してみるのもいいと思います。