「個人でお金を稼いでいます」、こういった話をしても顔をしかめて渋い表情をする人がほとんどです。

大企業に勤めていれば安泰で、終身雇用や年功序列が絶対であると、そう信じきっているのです。

それ、いつの時代の話ですか?

小学生でもわかることだと思いますが、少子高齢化で人口が減り、会社が減り、仕事も減っている時代です。

最終的に何が残るのか、、どう考えても「個人の魅力」だけが残ります。

あなたでなければダメ、あなただからこそ価値がある、そういった個人力だけが大きな武器になるのです。

こうした時代の流れを、今のうちからしっかりと把握しておくべきだと感じます。

また、「お金」に対する偏見を持っている人も多い。

例1:身近な人が、運よく莫大な資産を手にしたとして、その人に「よかったね」の一言がいえず嫉妬する人。

例2:「お金が無くても幸せになれる」みたいにお金の悪口を言う人。

こういった人のところにお金は入ってきません。

時代の流れが「個の魅力」を求めている、お金に対する偏見を持ってはいけない、この2つは日常生活の考え方において絶対的なものです。

少なくとも、お金持ちになって成功者になりたいと思っているのであれば、必須のマインドセットとなります。

今後は可能な限り、ドリームキラーではなく、すでに夢を実現している人の考え方をベースに活動していきましょう☆