「顧客は自分の意思で商品を購入している」と、そう思いがちですが、実際は販売者側が顧客心理を常に動かし続けています。

もちろん顧客自身は自分の判断で、買うか買わないかを決めている感覚を持っているでしょう。

しかし、例えば芸能人が広告塔になって商品をアピールした時、顧客は心を動かされることによって購入の基準値が圧倒的に高くなります。

これはマーケティングにおいて「ハロー効果」と呼ばれる心理が働くことによるものです。

よく「この商品はあの有名タレント○○も愛用している人気商品です」といった宣伝方法がありますよね。

つまり、ハロー効果とは「あの人が使っているなら、私も使ってみたい」、このようにその商品に関連した存在にも魅力を感じることをいいます。

これはネットビジネスをやる上でも同じように活用できます。

例1:億を稼いで大成功したあの人も活用している○○というツールを使ってみませんか?

例2:元アイドルの○○が当時の真相を全て暴露した本を特典としてプレゼントします。

こういったマーケティング手法によって、顧客は普段なら購入を見送るようなケースでも、それに付随したものが気になって入手したい気持ちが大きくなるのです。

つまり、一つの商品だけでも価値があるのに、さらに他のプラス要素もあるとなれば、全体的に購入した方が絶対に得するという心理になるのです。

また、せっかくのチャンスを逃してしまったら、後悔したり損をしてしまうかもしれないという気持ちにもなるでしょう。

テレビ番組などで紹介された商品がバカ売れするのも、このハロー効果によるものといえます。

もちろん「何を売るか」が前提ではありますが、商品レベルが一緒であれば「誰が言っているか」の方が顧客の心に響くということです。

是非、この顧客心理を活用して効率的に売り上げを伸ばしていきましょう☆