「年を重ねるにつれて頑固になる」ということは誰にでもあると思います。

商売をやっている人でも、自分の考えを曲げない頑固一徹の努力家もいますよね。

もちろん、それが悪いというわけではありません。

ずっとその考え方でやってきて、うまくいってる時はそのままでいいでしょう。

しかし、社会の時流が変化し、うまくいかなくなった時、苦しくなった時にどうするか。

柔軟に考えないといけない時期が来るかもしれません。

新しい分野で1からスタートを切るとなれば、本を読んで学んだり人から話を聞いたり、これまでの経験やプライドよりも、初心に返って努力する必要が出てくることもありますよね。

それでも頑固を貫いていると、「そのままではダメだよ」というサインをあらゆる形で受けることになります。

その辺の詳しい事例は、斎藤一人さんの音声がわかりやすいので、一度聞いてみてください。