泉忠司さんという方は、ネットビジネス業界でNo.1を取り続けている非常に強い影響力を持った有名な方です。

この方の名前を検索すると「詐欺」とか「逮捕」といったワードが飛び交っていますよね。

基本的に、『ネットで稼げる』と聞くと、誹謗中傷する人が多いのは事実です。

その根本的な理由は、マーケティング手法に大きなレバレッジがかかっている点にあります。

それは「プロダクトローンチ」と呼ばれる販売促進によるものです。

ランディングページというリスト取りページからメールアドレスを登録した後に、数回に渡って文章と動画が送られてきて、最終的に20~30万ほどの高額案件が紹介されるという流れです。

また、その決済をしたと同時にページが切り替わり、バックエンド商品として50~100万の超高額案件を販売するケースもあります。

しかし、この手法は犯罪ではないので、この販売手法を行ったことによって逮捕されることはありません。

ただ、私の過去の実体験としては、30万の高額案件に申し込んだにも関わらず、セールスレターに書かれていた内容との相違がひどく、全く中身のないもので、問い合わせにも応じてもらえなかったという苦い経験があります。

その後に、消費者センターを経由してお金を返金してもらうことができましたが、本当にこれは気をつけないと多額のお金を短期間で失ってしまうリスクが大きいので、十分な注意が必要だと感じます。

結局、「情報」というのは受け取ってみないとわからない目には見えない無形物ですからね。

ただ、その上でこういうことを言うのもあれですが、私は泉忠司さんが詐欺ではない理由を一つ持っています。

それは過去に泉忠司さんのドラゴンアカデミーという塾で教えてもらった「ADAコイン」という仮想通貨が数百倍に跳ね上がったことが一番の根拠になります。

実際に利益が生まれた事実は事実として、感謝している面もあります。

とはいえ、私の感覚では高額案件のビジネス系のものでは90%くらいは詐欺です。

こういう話をすると、「詐欺と言い訳をして行動しないのはダメ」とおっしゃる方もいますが、本当の詐欺師というのは最初からお客様に提供するコンテンツ自体も用意していないのです。

つまり、本当にビジネスや投資で成功したいと思ったら、自らが起業するしかありません。

起業というのは「業」を「起こす」という意味なので、最初から人に頼らず、まずは自分で考えて創意工夫しながら小さなテストを繰り返しやってみる。その上で、必要な情報のみを的確にインプットする。

こうした地道な努力が何より大事なことだと感じます。

何が真実で、何が真実ではないのか、その真相を見極める目を普段から養っていきましょう!